標高1,500mの雪上で乾杯!“スノーシュープラン”ベストシーズンを迎え、ティータイム時のビール提供サービスを3月10日より開始!

@Press / 2013年3月8日 10時30分

雪を楽しむツアー参加者
 日本百名山の一つ、信州真田 四阿山(あずまやさん)の中腹にたたずむ、雲の上の一軒宿「あずまや高原ホテル」(所在地:長野県上田市、総支配人:杉林 久彰、URL: http://www.azumaya-k-hotel.com/ )では好評いただいております“スノーシュープラン”のベストシーズンを迎え、3月10日よりツアー途中のティータイム時に希望者へビールを提供するサービスを開始いたします。

 標高1,500mのあずまや高原では3月に入っても一面銀世界。しかしながら、真冬の厳しい寒さや吹雪が和らぐ3月は雪の野山を散策する“スノーシュープラン”に最も適したシーズンとなります。日差しが降り注ぐ日には汗ばむほど暖かくなることもあり、ツアー途中の雪に囲まれながらの冷たいビールは格別です。

 「標高1,500mの雪上で乾杯!」という“非日常”が味わえる「あずまや高原ホテル」ならではの企画で、“スノーシュープラン”は4月12日まで販売予定です。

宿泊プラン一覧:
http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/azumaya


【スノーシュープランとは】
 スノーシュープランは「スノーシュー」を履いて、標高1,500mの銀世界が広がる雪の野山を散策するプランです。ツアーはホテルベテランスタッフがガイドとして同行。所要時間は約2時間で、静寂した森の中では動物の足跡、鳥のさえずり、雪化粧をした樹木、また雪の降っている日には雪の結晶など、都会では味わえない大自然を存分に満喫することが出来ます。

 体験していただいたお客様からは「冬でも動物たちはこんなに動き回っているんだ」「もっと地味だと思っていたが、こんなに楽しいなんて!」「孫にも経験させてあげたい」などと大好評です。運が良ければ実際にキツネやリス、カモシカなどの動物たちに出会えることもあります。


【スノーシューとは】
 雪上の歩行具の一つで、西洋式の「かんじき」のようなもの。スキーなどに比べると簡単に雪上の歩行が出来るので、初めての人でも、また子供からお年寄りまで気軽に雪遊びを楽しむことが出来ます。


■プラン概要
実施期間 :2013年4月12日宿泊分まで実施予定
宿泊料金 :11,000円~(2名1室2食付)
      ※ツアー参加料、スノーシュー・スノーブーツのレンタル料が
       含まれた料金
       ウェアー、グローブ、帽子等は各自用意(レンタルも可能)
ツアー内容:チェックアウト日 10:00ホテル出発
      ⇒標高1,500mの雪の野山をガイド付きで散策
      ※途中、ティータイムあり。通常ホットドリンクをサービス。
       3月10日より希望者は缶ビール(1人1本)の選択も可。
       (未成年者及び当日車の運転をされる方は不可)。
      ⇒12:00ホテル帰館
      ⇒雪見露天風呂で入浴(希望者のみ)
      ※悪天候などによりツアーの中止や時間変更になる場合もあります


■会社概要
会社名 : 株式会社野沢ホスピタリティー あずまや高原ホテル
所在地 : 〒386-2201 長野県上田市真田町長1278-800
総支配人: 杉林 久彰
客室  : 40室(定員:151名)
温泉  : 弱アルカリ単純泉 雲上露天風呂、大浴場
アクセス: 長野新幹線上田駅より無料送迎バスで約40分(要事前予約)
URL   : http://www.azumaya-k-hotel.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

雪の野山を散策銀世界を撮影するカップルあずまや高原ホテル外観

@Press

トピックスRSS

ランキング