食品バーコードからアレルギー物質を検知 商品情報が即確認できる!アレルギー対応食品販売サイトと連動したアプリ開発に着手

@Press / 2013年3月28日 11時30分

笑顔でごはん ロゴ
アレルギー物質除去食品専門販売サイト『笑顔でごはん』を運営する株式会社ブレイントラスト(所在地:東京都千代田区、代表取締役:青木 広和)は、近年の幼児の食物アレルギー人口の増加、また母親である主婦のスマートフォン購入意向率の増加を受け、この度『笑顔でごはん』と連動したスマートフォンアプリの開発に着手いたします。

開発予定アプリは、販売されている食品に表示されている商品バーコードを読み取ることで、予め当アプリに登録されているアレルギー物質を判断し、『笑顔でごはん』で掲載されている商品が表示できるアプリケーションです。
従来、店頭の商品情報のみではコンタミネーション(※1)レベルでのアレルギー物質の使用判断は難しいものでしたが、本アプリを使用することでコンタミネーション判別が容易になります。
(※1)コンタミネーション:食品を生産する際に、原材料として使用していないにも関わらず、アレルギー物質が微量混入してしまう場合のこと


■『笑顔でごはん』について
~3歳児の食物アレルギー人口は14.4% 7人に1人は診断~
東京都が行った調査によると、3歳児の食物アレルギー人口は1999年では7.1%、2004年は8.5%、2009年は14.4%と年々増加傾向にあります。本調査は5年毎に行なっている調査で、現在も増加傾向であるといえます。
7人に1人は食物アレルギーと診断されている現代、子どもの食物アレルギーは他人事ではありません。
当社では、食物アレルギーで悩んでいる方でも安心して食品をご購入いただけるように、国内で唯一、コンタミネーション判別にも対応したアレルギー物質除去食品専門販売サイト『笑顔でごはん』を2012年5月8日にオープンいたしました。
オープンから10ヶ月が経ち、現在では病院や保育園に加えて、国内に留まらずアメリカなどの国外からも問い合わせが増えています。
アレルギー物質除去食品専門販売サイト『笑顔でごはん』:
http://egaodegohan.com/


■スマートフォンアプリ開発の背景
~主婦のスマートフォン購入意向率が50%超に
PCのみならず、スマートフォンへの対応を目指す~
『笑顔でごはん』はこれまでPCサイトのみでの運営でしたが、ターゲット層である主婦のスマートフォン購入意向率が50%を超えたことに際し(※2)、本サイトもスマートフォン向けサービスへの対応が求められています。
そこで当社は2013年4月1日、スマートフォン向けアプリの開発・運営を行う「株式会社ALPHA」をグループ会社に加え、『笑顔でごはん』と連動したスマートフォンアプリ開発に着手いたします。また、国外からの問い合わせが増えていることから、PCサイトの英語版も作成する予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング