2013年春 トレンドウォッチレポート 夜桜宴会スタイルから、ランチタイムのスマートなお花見スタイルへ 「昼花見」

@Press / 2013年3月7日 15時30分

お花見は好きですか?/今年、お花見をしたいですか?/今年、お花見をする予定ですか?
 生活者の意識・実態に関するトレンドを調べるトレンド総研(東京都渋谷区)では、お花見シーズンに向けて4つの視点から、2013年のお花見最旬事情をレポートします。

視点(1) お花見調査 今年のお花見は、昼間に近所で楽しむ「昼花見」が人気
視点(2) お花見ランチ お花見スポット別 人気店のお花見限定ランチメニュー
視点(3) トレンド予想 お花見はライト化・カジュアル化が進み、多様化傾向に
視点(4) 注目商品 お花見を10倍楽しむ、最新!お花見グッズ


 日本気象協会(2月27日発表)によると、2013年の桜の開花は「九州・四国・中国地方は平年より早いか平年並み。近畿から北海道にかけては平年並み」と予想されており、開花が最も早いのは平年より早い高知市の3月18日頃で、東京都心と名古屋市は平年並みの3月25日頃、大阪市も平年並みの3月26日頃と予想されています。

 日本人の多くが楽しみにしている春の季節イベントお花見。20代~40代を対象としたお花見調査の結果を見ると、約9割(86.8%)がお花見が好きと答え、8割(81.6%)が今年もお花見をしたいと答えており、今年のお花見も例年通りの盛り上がりが予想されます。しかし、お花見をしたい時間帯を聞くと、夜よりも昼の意向が高く、お花見をする場所も、有名スポットよりも近所の桜ポイントでのお花見を望んでいることがわかりました。夜桜の下で車座になってお酒を酌み交わす宴会スタイルから、ランチタイムに手軽にお花見を楽しむスタイルが志向されているようです。トレンド総研では、この新しいお花見スタイルを「昼花見」と命名します。

 今回のトレンドウォッチレポートは、(1)生活者のお花見意識調査 (2)飲食店のお花見限定メニュー (3)トレンド評論家のお花見予想 (4)お花見最適グッズ という4つの視点から、2013年お花見のトレンドキーワード「昼花見」に関するレポートをまとめました。


■20代~40代の男女500人に聞く、お花見調査
視点(1) お花見調査 今年のお花見は、昼間に近所で楽しむ「昼花見」が人気

<日本人はやっぱりお花見が大好き!86.8%がお花見好き 81.6%がお花見をしたい>
 全体の約9割がお花見が「好き」(86.8%)で、81.6%が今年お花見を「したい」と答えています。
 次に、今年のお花見の予定を聞くと、約半数が「おそらくお花見をする」(45.6%)と答え、「必ずする」(12.4%)を加えると、約6割(58.0%)が今年もお花見をする予定です。
http://www.atpress.ne.jp/releases/33974/a_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング