世紀の晩餐会と称されたベルサイユ宮殿、ニューヨークでの開催を経て、ルレ・エ・シャトーのグランシェフたちが集結する、「第3回ディナー・デ・グランシェフ」2013年4月22日ロンドンで開催

@Press / 2013年3月8日 12時0分

第3回 ディナー・デ・グランシェフ
世界60カ国、520の最高級のホテル・レストランが加盟する世界的権威の会員組織、ルレ・エ・シャトー(1954年創設-本部:パリ-会長Jaume Tapies ジャウメ・タピエス。日本加盟12)は、2013年4月22日、料理界でもっとも光輝くスターたちが再び集結する「ディナー・デ・グランシェフ」をロンドンで開催します。
日本からは、オーナーシェフ 渋谷 圭紀(しぶや よしのり)<ラ・ベカス(大阪)>と山口 浩(やまぐち ひろし)<神戸北野ホテル総支配人・総料理長>の二名の参加が決定しました。


■“All the World’s a Kitchen by the Thames”
 “世界すべてのキッチンはテムズ川沿い一堂に”

今年のテーマである“All the World’s a Kitchen by the Thames(世界すべてのキッチンはテムズ川沿い一堂に)”が示すとおり、イギリスで生産される素晴らしい食産物を称賛するための晩餐会です。かつて世界最大のフィッシュマーケットとして賑わいをみせたOld Billingsgate(オールド・ビリングスゲイト)で行われる今回、ゲストの皆様は、テムズ川とロンドンブリッジを見渡すという、ロンドンを代表する風景を楽しみながら、一生に一度の美食体験を味わうことができます。

世界中から45名の名だたるグランシェフが集結し、各チーム3名のグランシェフで構成される一夜限りのドリームチームに分かれて、それぞれの高度な技術を披露します。こうして誕生する、これまでに誰も目にしたことがないような15種類の特製メニューとともにサーブされるドリンクは、ポメリー・シャンパーニュの最高級ヴィンテージです。3名のグランシェフたちが腕を振るう独創的な料理は、ゲストの目の前で披露されるライブパフォーマンスとして振る舞われます。

開催国、英国代表のRaymond Blanc & Gary Jones(レイモン・ブラン&ゲイリー・ジョーンズ)(Le Manoir aux Quat’ Saisons ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン)、Andrew Fairlie(アンドリュー・フェアリー)(Restaurant Andrew Fairlie レストラン・アンドリュー・フェアリー)、そしてClaude Bosi(クロード・ボシ)(Hibiscus ハイビスカス)の3シェフが中心となってグランシェフ集団のテンポを整え、ロンドンのスピリットからインスピレーションを受けた、“フード・ブリタニア(英国の食産物)”を使った驚くべき妙技で今年も再びゲストを驚嘆させ、魅了します。
さらに、米国のPatrick O’Connell(パトリック・オコーネル)(The Inn at Little Washington, USA ジ・イン・アット・リトル・ワシントン)、フランスのEmmanuel Renaut(エマニュエル・ルノー)(Flocons de Sel, France フロコン・ド・セル)、および台湾のLanshu Chen(ランシュウ・チェン)(Le Mout Restaurant, Taiwan ル・ムート・レストラン)が追随し才能を披露します。

@Press

トピックスRSS

ランキング