宮城大学食産業フォーラム内に産学連携の「発芽と健康機能研究会」を設立

@Press / 2013年3月15日 11時0分

宮城大学食産業学部(宮城県仙台市太白区、学部長:齋藤 満保)は同学部が設置した食産業フォーラム内に、発芽した食品素材がもつ健康機能や食品への応用等の研究の活性化を図ることを目的とし、産学で取り組む「発芽と健康機能研究会」を3月25日に設立します。発芽した食品素材がもつ健康機能の研究や食品への応用等について広く啓蒙すると同時に、産学による同分野の研究や食品等への活用を推進していきます。


同研究会では発芽による食品素材の機能向上を追求し、
(1)発芽が及ぼす食品素材への効果とその向上
(2)健康機能に及ぼす効果等のエビデンスに注目した、人々の健康に資する食品素材の開発を通して、多くの人に利用していただける食品に活用していく事を目指していきます。
また、研究会を定期的に開催し、発芽による食品素材の健康機能向上等の学術研究と応用を推進すると共に、その情報を講演会や研究会のホームページ等を通じて、広く発信していきます。なお、同研究会では宮城大学の研究者をはじめ、地域との関わりのある企業等にも法人会員として参加を募っていきます。

同研究会では発足に当たり、2013年3月24(日)~28日(木)に東北大学川内北キャンパスで行われる日本農芸化学会2013年度大会に於いて、3月27日(水)に「発芽食品の過去・現在・未来」と題したランチョンセミナーを開催いたします。セミナーでは、発芽による健康機能のある食品の特徴を「食事」という自然な形でランチとして提供し、同時に、「長寿社会実現に向けた発芽食品の可能性を考える」「栄養学から見た発芽食のすすめ」等の内容で講演を行います。


<「発芽と健康機能研究会」の概要>
発芽した食品素材等がもつ健康機能等に注目した取り組みをおこなう研究会で、法人会員、個人会員、学生会員からなる。

■設立:2013年3月25日
■会長:津志田 藤二郎(宮城大学食産業学部教授)
■「発芽と健康機能研究会」URL http://seedling-lab.jp
■法人会員(2013年3月15日時点の予定)※五十音順
・株式会社小倉屋柳本(兵庫県神戸市、代表取締役社長:柳本 一郎)
URL: http://www.maruyanagi.co.jp/

・株式会社シードライフテック(滋賀県長浜市、代表取締役:落合 孝次)
URL: http://www.indivi-wine.com/slt/

・大洋香料株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長:竹内 健)
URL: http://www.taiyo-koryo.co.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング