2013年スタジオジブリの新作映画公開を記念して、ラグーナ 蒲郡で行なわれる「ジブリがいっぱい 立体造型物展」 スペシャルサポーターの朝倉 あきさんらを招いて3月16日(土)スタート!

@Press / 2013年3月18日 18時0分

スペシャルサポーター朝倉 あきさんらによるテープカット
 海の魅力が体験できる複合型マリンリゾート施設「ラグーナ 蒲郡」を運営する、蒲郡海洋開発株式会社(所在地:愛知県蒲郡市、取締役社長:岡田 安生)では、3月16日(土)9時45分から「ラグーナ 蒲郡」のテーマパーク「ラグナシア」のエントランス前にて、「ジブリがいっぱい 立体造型物展」のオープニングセレモニーを、大村 秀章氏(愛知県知事)や、スタジオジブリの星野 康二氏(代表取締役社長)、来賓の稲葉 正吉氏(蒲郡市長)、そして本イベントのスペシャルサポーターの朝倉 あきさん(女優)ら総勢8名によるテープカットで、華々しくスタートしました。

 当日は、春の陽気に恵まれ、朝から来場したお客様も加わって大いに盛り上がりを見せました。特にメイン展示「ジブリの空」(セロシアホール)の立体造型では、「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「ハウルの動く城」の各ゾーンで、大勢の家族連れが賑わい、ジブリ人気のほどが伺えました。
 なお、「ジブリがいっぱい 立体造型物展」は2014年3月2日(日)まで開催されます。

・スペシャルサポーター朝倉 あきさんらによるテープカット:
http://www.atpress.ne.jp/releases/34191/1_1.jpg
・イベントチラシ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/34191/A_5.pdf


■「ジブリがいっぱい 立体造型物展」とは
 ラグナシア園内には、『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『ハウルの動く城』をテーマとしたメイン展示「ジブリの空」や、スタジオジブリに関わる数々の予告篇等を観覧できる「ジブリシアター」、園内回遊ラリー「バロンを探せ!」「マックロクロスケを探せ!」など、園内に散りばめられた見どころや、ジブリグッズが勢揃いしたショップも同時オープン。そのほか、園内いたるところで楽しさ満載です。
 また、春・夏、秋・冬の二部構成になっているので何度行っても楽しめます。

<主なイベント>
●メイン展示「ジブリの空」
 〔コーナー名〕・天空の城ラピュタ
        ・魔女の宅急便
        ・紅の豚
        ・ハウルの動く城
期間:春夏
場所:セロシアホール(1247.53m2)
内容:陽春の抜けるような青い空をテーマに、スタジオジブリ作品の
   世界に飛び込んでいこう。大迫力の立体造型が、あなたをしばし
   映画の1シーンへと誘います。
   ・炎に包まれる塔からシータを救出!
   ・パノラマ状に広がるコリコの街でキキがトンボに遭遇。
   ・ポルコとともにテイクオフ!サボイアが動き出す!?
   ・ハウルの動く城にようこそ!ハウル、カルシファーに大接近!

【(c)2004 二馬力・GNDDDT】メイン展示「ジブリの空」の「ハウルの動く城」の場面:
http://www.atpress.ne.jp/releases/34191/2_2.jpg
【(c)1986 二馬力・G】メイン展示「天空の城ラピュタ」の場面:
http://www.atpress.ne.jp/releases/34191/3_3.jpg
※上記の画像を使用の際は、著作権表示(通称:マルシー)を必ず記載してください。(c)は○(マル)の中にcです。

●スタジオジブリアーカイブ
期間:春
場所:セロシアホール エントランス
内容:スタジオジブリの劇場用アニメーション各作品を紹介。あの時、
   あの映画館で、あの人と観た、あの思い出の作品を見つけて下さい。

●ジブリシアター
期間:通年
場所:ラロス モーションシアター
内容:ジブリに関わる数々の作品を予告篇等の映像で紹介。
   (上映時間:約15分/無料)

●マックロクロスケを探せ!
期間:通年
場所:バハムートの神殿
内容:サツキとメイになりきって、こんぺいとうを持ったマックロクロスケを
   探そう。(料金:500円)※マックロクロスケ鈴の記念品あり

●ジブリ猫資料館
期間:通年
場所:ポルトストリート
内容:「猫の恩返し」に登場する猫の事務所を再現!
   ジブリ作品に登場したかわいい猫たちを大紹介。

●バロンを探せ!
期間:通年
場所:ラグナシア園内各所
内容:園内のいろいろなところにいる猫たちから、ヒントを見つけて
   バロンを探そう!受付:ポルトストリート(料金:300円)
   ※バロンとジジの蝶ネクタイお名前プレートの記念品あり

●ジブリがいっぱいフォトスポット
期間:通年
場所:宮殿塔 2階通路
内容:「天空の城ラピュタ」「崖の上のポニョ」「借りぐらしの
   アリエッティ」「コクリコ坂から」などのフォトスポットが登場。

●「崖の上のポニョ」立体造型
期間:春夏
場所:ゼフィロス広場
内容:ようこそ「ジブリがいっぱい 立体造型物展」へ!
   ポニョが笑顔で、お出迎え!

※その他、ジブリグッズが勢揃いした物販コーナーも同時オープン。
※夏からセロシアホール(エントランス)で2013年新作映画紹介コーナーがスタートする予定。
※秋冬(9月中旬以降)のメイン展示は、「ジブリの森」に変更予定。


■イベント概要
名称  :ジブリがいっぱい 立体造型物展
開催期間:2013年3月16日(土)~2014年3月2日(日) ※休園日あり
開催場所:ラグーナ 蒲郡内テーマパーク「ラグナシア」
     (愛知県蒲郡市海陽町2-3)
主催  :ラグーナ 蒲郡、ジブリがいっぱい 立体造型物展 実行委員会
共催  :中日新聞社/ローソン
企画監修:スタジオジブリ
後援  :愛知県、愛知県教育委員会、蒲郡市、蒲郡市教育委員会、ほか
協賛  :トヨタ自動車
協力  :ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン


■オープニングセレモニー参列者
・蒲郡海洋開発株式会社 取締役会長 大村 秀章(愛知県知事)
・株式会社スタジオジブリ 代表取締役社長 星野 康二
・蒲郡海洋開発株式会社 取締役社長 岡田 安生
・蒲郡市長 稲葉 正吉
・中日新聞社 事業局長 山口 宏昭
・トヨタ自動車株式会社 常務役員 友山 茂樹
・ローソン 中部ローソン支社長 薄井 浩一
・女優 朝倉 あき、ほか


■特別券のご案内
2013年3月16日(土)から1年間開催される「ジブリがいっぱい 立体造型物展」の特別券はローソン、ミニストップで現在発売中です。「ジブリがいっぱい 立体造型物展」を満喫できる本チケットは、2013年新作ジブリ映画グッズ付です。

チケット名称:「ジブリがいっぱい 立体造型物展」特別券
販売期間  :2014年3月2日(日)まで
取扱店   :愛知県・岐阜県・三重県・静岡県のローソン、
       ミニストップ店舗 Loppi(Lコード:40000)
内容    :例)ラグナシア入園券の大人料金1,600円+特典
       <特別券料金(新作ジブリ映画グッズ付)> (税込)
       ●入園券(入園のみ)
       大人(高校生以上) 1,600円
       小・中学生     900円
       幼児(4歳以上)    700円
       ●パスポート(入園+園内の乗り物フリー)
       大人(高校生以上) 3,900円
       小・中学生    2,800円
       幼児(4歳以上)   2,400円
       割引       通常より全年齢100円off

       ※本展は、入園券のみで参加可能です。
        (一部有料のアトラクションがあります)
       ※4歳未満は無料です。
       ※新作ジブリ映画グッズは3月16日以降、
        会場で特別券と引換可能です。

プレゼント :2013年新作ジブリ映画グッズ(非売品)
利用期間  :2014年3月2日(日)まで ※休園日あり
問い合わせ :ラグーナ 蒲郡 インフォメーションセンター
       TEL 0533-58-2700(9:00~17:30)


■スタジオジブリとは
 スタジオジブリは1985年の設立以来、27年で19本の劇場用アニメーション映画を生み出し、多くの人々を魅了し続けてきました。その数々の名作は、多くの観客動員を記録し続け、子どもから大人までどの世代からも支持されてきました。また、国内外で多くのファンに愛され、アニメーションというジャンルを超えた映画として高い評価を得ています。
 2013年は25年ぶりに高畑 勲、宮崎 駿両監督がそろって新作映画を発表する記念すべき年で、本展は新作を紹介し、歴代作品の世界観を作り込んだ展示を一つの魅力として、ジブリ作品の魅力に浸っていただけるイベントです。


■スペシャルサポーター 朝倉 あきさん
 女優の朝倉 あきさん(東宝芸能所属)は、現在NHK連続テレビ小説「純と愛」に宮里 羽純役で出演中です。
 朝倉さんは、今回のイベントのスペシャルサポーターを務めます。
※スペシャルサポーター:TVCM、ラグナシアエントランス前・セロシアホール内のナレーションなどを担当


■ラグーナ 蒲郡とは
 自然豊かな三河湾に位置する「ラグーナ 蒲郡」は、エンターテインメントやグルメ&ショッピング、タラソテラピー、温泉、マリーナなど、様々なスタイルで海の魅力が体験できる複合型マリンリゾート施設です。
 1995年から本格的な開発がはじまり、2002年4月に海のテーマパーク「ラグナシア」の開業を皮切りに、5月にはショッピングモール「フェスティバルマーケット」、翌年にはタラソテラピー施設、温泉、レストランと、次々に運営事業を立ち上げ、現在では海のまち“蒲郡”の観光拠点として、年間およそ300万人の来場者が訪れ、2012年に開業10周年を迎えました。運営会社である蒲郡海洋開発株式会社は、愛知県、蒲郡市とトヨタ自動車株式会社をはじめとする民間9社から成る第3セクターの企業です。

所在地    : 〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目1番地
アクセス(電車): 蒲郡駅より路線バス(快速で約15分)
         三河大塚駅より路線バス(約9分)
URL      : http://www.laguna-gamagori.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

【(c)2004 二馬力・GNDDDT】メイン展示「ジブリの空」の「ハウルの動く城」の場面【(c)1986 二馬力・G】メイン展示「天空の城ラピュタ」の場面

@Press

トピックスRSS

ランキング