国内初の「子ども浮世絵」webサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」オープン― 「子ども浮世絵」を中心とした約1,800点の閲覧・画像の有料利用 可能 ―

@Press / 2013年4月1日 13時30分

「くもん子ども浮世絵ミュージアム」トップページ
公文教育研究会(代表取締役社長:角田 秋生[つのだ あきお])は、2013年4月1日にWebサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」をオープンします。公文教育研究会が子どもの教育の研究のために収集してきた文化研究史料の中でも、子どもをテーマにした「子ども浮世絵」は約1,800点になります。
これまでも国内外の展覧会や書籍等で紹介してきましたが、紹介されていない作品も多く、社会貢献の一環として所蔵する「子ども浮世絵」の画像および研究データのすべてをWebサイトで公開します。

「くもん子ども浮世絵ミュージアム」
http://www.kumon-ukiyoe.jp


■特徴
1.約1,800点におよぶ作品から検索
公文教育研究会が所蔵する「子ども浮世絵」(子ども絵、母子絵、子ども物語絵、おもちゃ絵の総称)を中心に約1,800点の浮世絵のすべてを公開します。これらの浮世絵は、「キーワード」「年代」「カテゴリー」等による検索ができます。

2.浮世絵作品の詳細な研究データを掲載
浮世絵ごとに作品を描いた絵師や時代などの情報が記載されていますので、どなたでも浮世絵の世界を身近に楽しむことができます。また、浮世絵のテーマや背景だけでなく、絵に描かれている文章や場面情報等、詳細な研究データが得られます。

3.浮世絵画像のダウンロード購入が可能
浮世絵研究や出版、テレビ番組制作、イベント等で浮世絵を利用される場合、ご希望の画像をダウンロード購入できます。

<購入料金(税別)>
Sサイズ(ハガキサイズ前後):5,000円
Mサイズ(A4サイズ前後)  :8,000円

4.浮世絵の豆知識を掲載
浮世絵初心者の方々にも楽しんでいただけるよう、浮世絵の歴史や制作工程などの基本情報に加え、「子ども浮世絵」を通して江戸時代の様子がわかる工夫をしています。


▼くもん子ども浮世絵ミュージアム
トップページ
http://www.atpress.ne.jp/releases/34337/1_1.png


■子ども浮世絵というジャンル
公文教育研究会は、フランスの歴史学者フィリップ・アリエスの絵画資料を用いた中世ヨーロッパにおける子ども研究に触発されて、1986年から子どもの文化研究史料として子どもに関連する浮世絵版画を中心に収集と研究を進めてきました。その結果、当時の子育て、教育、遊びをはじめとする貴重な研究史料が約3,200点に及びました。その後、公文教育研究会の子どもをテーマに絞り込んだ史料収集と研究は、浮世絵の世界においても知られることになり、「子ども浮世絵」というジャンルが認知されました。
今回はこの「子ども浮世絵」約1,800点に絞り込み、公開させていただくことになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング