新SmartLF SC大判スキャナシリーズ - 新たに2機種ラインアップに追加

@Press / 2013年3月25日 17時0分

SC25_SC36
大判スキャナの市場を常に先導するカラートラック社は、SmartLF SC大判スキャナシリーズに新たに2機種をラインアップに加え、販売を開始することを発表しました。
http://www.colortrac.co.jp/colortrac-add-two-new-smartlf-sc-series-wide-format-scanners/


■高速・高画質なスキャンを可能に
新機種SmartLF SC 36とSmartLF SC 25 大判スキャナにはSmartLF SC 42と同様、カラートラックが誇る数々の新テクノロジーが搭載され、更なる高速スキャンや高画質でのスキャンを可能にします。また超高速データ転送を実現するPCインターフェースUSB3.0の採用で操作性、生産性において前機種を上回る製品となっております。当機種はAEC、CAD、GISなどのオフィス、またはコピーショップやリプロショップなどでのご使用に最適です。

本製品が持つ画期的なカラートラック新テクノロジーについて、常務取締役Peter Brownは次のように述べています。「SmartLF SCシリーズに搭載されているシングルセンサーは当社が考案、開発し、特許を申請中の新しいイメージテクノロジーです。シングルセンサーは、全読み取りエリアを1本のラインセンサーで読み取ることを可能にし、頑丈でかつ1直線状の構造に既にセンサー間の調整がされた最大50,400の画像センサーが組み込まれた設計になっています。それにより従来のCISセンサー式スキャナに比べセンサー間でのズレの問題を解決し、高精度な画質を得ることができます。SmartWorks Proソフトウェアとの使用では光学解像度1200dpi、最大解像度9600dpiを実現しています。またシングルセンサー式のスキャナではRAW、RGBでスキャンした時により広域な色域をキャプチャすることができます。
また当社独自のテクノロジー、クリアビューはデュアルLED光源(2方向から照射可能な白色のLED発光システム)を採用し、スキャンする原稿に対して最良の光をもたらします。電源を投入し、ウォームアップ時間を必要とせずすぐにスキャナを使えることを可能にしているこの光源システムは、読み取り動作時のみ発光するため、消費電力を抑えられます。またシングルセンサーとの結合で光学的なエラーを最小限にし、精度の高い画像を作り出します。さらにシングルセンサーのレンズに対して、原稿を接触させながら搬送させる新しい原稿搬送機構、SureDrive(駆動式シングルローラー機構)とクリアビューテクノロジーの連携で折れた原稿やしわのある原稿をスキャンする時に発生する影を軽減させることができます。これら新テクノロジーは多種多様な原稿への対応を可能にし、新聞などの破損し易い薄紙でさえ安定した状態で取り扱え、高品質なくっきりとした画像の読み取りを可能にします。」

@Press

トピックスRSS

ランキング