TOEIC(R)のスコアアップに最適化!オンライン英語学習サービス「えいご上手Web」

@Press / 2013年3月27日 10時0分

えいご上手Web
教育エデュテイメントソフトやスマートフォンアプリなどの企画・制作・販売を行う株式会社CAIメディア(所在地:静岡県浜松市、代表取締役:福地 三則)は、英語学習についての社会的なニーズの高まりに応えて、オンライン英語学習サービス「えいご上手Web」( http://eigojozu.jp/ )を、2013年3月27日に正式公開いたします。

写真:えいご上手Webトップ画面
http://www.atpress.ne.jp/releases/34373/a_1.jpg


■サービスの概要・特長
 ――月額980円で利用可能、お試し用の無料プランも

「えいご上手Web」は、「TOEIC(R)に強くなる」をコンセプトとした、オンライン英語教材です。TOEIC(R)の出題パターンをふまえた、9,000題超(2013年3月27日現在)の問題が用意されており、Web画面上でリスニングとリーディングの診断テストを受けると、15~20分程度で、自分のTOEIC(R)レベルが判定されます。

学習メニューの基本は「単語・熟語」「英文法」「リスニング」で構成され、それぞれがSTEPで細分化されているので、通勤・通学時や休憩時間、深夜などの「スキマ時間」を活用して学習を進めることが可能です。端末も、PC・タブレット・スマートフォンで自由に利用できます。

月額980円で、基本的な学習メニューを一通り利用していただくことができます。さらに、気軽に試していただくため、一部機能を無料で体験できるフリープランも用意しています。逆に、「英会話とセットで本格的に勉強したい」というような場合は、オプションメニューに、Skypeを利用した「ライブ英会話」サービスもありますので、目的やレベルに合わせてプランを充実させられます。


■メインとなるターゲット
 ――法人や就活生の「ビジネス英語ニーズ」に対応

昨今は第三次英語ブームとも称され、英語学習サービスが活況を呈しています。とくに顕著なのは、「ビジネス英語ブーム」という傾向です。
大手企業を中心に、英語を社内公用語化したり、TOEIC(R)スコアを考課の指標とする動きが増加しています。また、新卒学生の就職活動においても、TOEIC(R)スコアがエントリーの必須項目や選考基準となるケースが定着しています。

「えいご上手Web」は、これら「ビジネス英語」のニーズに的確に応えることを目指し、「多忙なビジネスパーソンや就活生が、移動時間などを活かしてTOEIC(R)対策に励む」などといった利用シーンを想定しています。
また、個人だけでなく、「社員の英語力底上げを担う企業の教育担当者」や、「カリキュラムや就職活動支援のため、英語教育を強化したい学校関係者」といった、法人ニーズにも配慮しています。団体の契約に対しては、割引サービスや、「学生や社員全体の学習状況・スコア推移」を把握できる、管理システムもご提供しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング