エコ配、全顧客を対象に『2012年 年間CO2削減証明書』を発行

@Press / 2013年3月28日 15時0分

『2012年 年間CO2削減証明書』イメージ
東名阪地域を中心に、主として自転車を用いたほぼ人力による配送方法によりCO2排出量“ゼロ”を目指して、環境負荷が低く、かつ格安の宅配便サービスを提供する株式会社エコ配(本社:東京都港区、代表取締役社長:片地 格人)は、2012年における年間CO2排出量を発表するとともに、本年も、企業物流における環境負荷を「見える化」することを目的に、『2012年 年間CO2削減証明書』を順次交付することといたしましたので、お知らせいたします。
前回のCO2削減証明書発行と同様、本年も全顧客(約38,000社)を対象に発行いたします。


■CO2削減証明書発行の背景
当社は、主たる配送手段に自転車を活用し(取扱荷物の約6割が自転車で配送されています)、また配送手段に自動車、バイク等を持たざるを得ないエリアについては、カーボン・オフセット・クレジットの購入により、温暖化ガスの排出枠を購入し、排出されるCO2の量を事実上ゼロとする、環境にやさしい宅配便サービスを提供しております。
当社の付加価値は、企業活動における物流分野でのコスト削減と環境負荷軽減を実現する手段を提供することですが、こうした付加価値は、具体的な成果となり、把握できてこそ、初めて意義のあるものであると受け止めております。
そこで、コスト削減効果とともに、環境負荷についても定量的に把握できるようにする「見える化」を推進しております。2010年より実施させていただいております「年間CO2削減証明書」の発行も今年で3回目を迎えますが、企業の社会的責任に対する意識の高い企業を中心にご好評いただいていることから、昨年に引き続き、全顧客を対象に表彰をさせていただくことといたしました。


■CO2削減状況
当社は、宅配便業界における年間総CO2排出量を約99万トン、業界平均で291.3g(2011年比 マイナス29.9g)と推計しております。これに対して、当社は当社の燃料費及びガソリンの小売価格から算出されるガソリン消費量及び電気使用量から算定される配送ネットワーク運営に伴い排出されるCO2に加えて、2012年7月から開始されたエコ配全国版委託エリアにおける排出量も加味し2012年の総CO2排出量を算定した結果、約1,600トン(2011年比+300トン)に抑えたことがわかりました。
これは、業界の年間総排出量99万トン(推計)のわずか10,000分の16(0.16%)にあたります。また荷物1個あたりのCO2排出量については、配送に自動車やバイク等を用いる非エコ化エリア及び、当社本部からの排出量は154.3g(2011年比 マイナス7.1g)となりました。
2012年は、東京および大阪の都心における集中出店により、自転車配送エリアの拡大に取り組みましたので、荷物量の増加に比して、自動車で配送する荷物量が減少したことが大きく寄与したと考えられます。当社の宅配便サービスが「完全カーボンニュートラル商品」となるという将来的なビジョンに向けて着実に進んでいることが昨年にも増して確認されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング