「Bizホスティング Cloud(n)」における機能拡充について

@Press / 2013年3月28日 12時0分

Bizホスティング Cloudnを利用したシステム構成イメージ
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」(呼称:クラウド・エヌ)において、アクセス状況に応じて仮想サーバーを自動的に増減する「Auto Scaling」機能や大容量トラフィックを自動的に負荷分散させる「Load Balancing Advanced」機能、仮想サーバーやデータベースを複数のデータセンターに分散して構築・運用できる機能などのメニューを拡充し、2013年3月28日より提供開始します。これにより、本サービスの信頼性・拡張性・利便性が大幅に向上し、大規模で膨大なアクセスへの対応や高い信頼性が要求されるソーシャルゲームやECサイトなどのシステム基盤として利用することが出来るようになります。
 また、2012年12月より一部のお客さまにご利用いただいている「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」を、2013年3月28日よりカスタマポータルから直接購入・利用できる形での本格提供を開始します。
 今回の機能拡充に伴い、本サービスを最大3カ月無料で使えるキャンペーンを開始します。


1.新規提供機能の概要
・Auto Scaling:
設定したポリシーに応じて仮想サーバーを自動的に増減する機能

・Load Balancing Advanced(LBA):
トラフィックを複数の仮想サーバーに負荷分散する機能

・Facility Redundancy Zone:
高信頼なシステムを構築するために仮想サーバーを構築するデータセンターを選択できる機能

・File Storage:
利用が容易で大容量・高信頼のNFSプロトコルのファイルストレージ機能

・Relational Database(RDB):
複数拠点で冗長化されたリレーショナルデータベース機能(MySQL)

・DNS:
拠点間の切替などにも利用できるAPIを備えた高信頼なDNS機能

・Monitoring:
仮想サーバーなど各コンポーネントのモニタリング機能

・Provisioning:
複数台構成の仮想サーバー群をまとめて構築する機能


2.新規提供機能の特長
(1) 仮想サーバーの増減や負荷分散を自動化することで、アクセス集中にも対応できる拡張性を確保(Auto Scaling、Load Balancing Advanced(LBA))

 インターネットトラフィックの状況に応じて、予め設定した条件に基づいて仮想サーバーを自動的に増減(スケールアウト/スケールイン)したり、複数のデータセンターにある仮想サーバーに分散することができます。これにより、トラフィックが集中する大規模なECサイトなどの構築・運用などに本サービスを利用することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング