イーライセンスシステムズがクラウド向け大規模負荷検証サービス「CloudBench」の提供開始

@Press / 2013年3月29日 10時0分

ご利用イメージ
 ライツシステムを始めとしたコンテンツビジネスをシステムサポートする株式会社イーライセンスシステムズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:米沢 晋)は、クラウド環境におけるシステム構築やクラウドへの移行などでの品質をサポートする、クラウド向け大規模負荷検証サービス「CloudBench」の提供を開始いたしました。


■クラウド向け大規模負荷検証サービス「CloudBench」について
 株式会社イーライセンスシステムズでは、昨今からのクラウドサービスの普及の加速を受け、クラウド環境のシステム提供をオールインワンでご提供できるサービスを行っています。
 クラウドシステムの環境構築やサイトの移設・配信などを行い、システムの運営までを統合したサービスの提供を行います。

 そのクラウド化の中で、CloudBenchは「クラウドへの移行での品質や速度は大丈夫なの?」といった問題を解決するため、クラウド環境でのシステム構築をこれから始める方や、データセンター環境からの移行を検討中の方、大規模サイト検討中の方に対し、十分な負荷試験のサービスをご提供することで、品質検証とミドルウェアのボトルネックの抽出のご支援やチューニングを行います。

 また、既に移行済みのシステムに対しての品質調査も行い、クラウドサービス上でシステムを構築する際、一番の懸念点となる品質の向上を総合的にご支援いたします。


■サービスの開始にあたり
 試験は、負荷試験ツールとして世界的なシェアを誇るオープンソフトウェアのApache JMeterをクラウド上でスケーラブルに自動作成・停止を行うツールをご提供しています。
 このツールは、Amazon Web Servicesのサービス上でテンプレートとして公開しており、お申し込み頂いたお客様に無料にてIDや利用方法のご提供をさせていただいています(*1)。

*1 Amazon Web Services(AWS)は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。AWS上でご利用いただくテンプレート(AMI)へのアクセス用パスワードをご提供させて頂き、お客様のAWSアカウントにおいて、お客様ご自身で試験を実施いただく形となります。


■ご利用イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/34444/a_1.jpg


■負荷試験支援サービスの特徴
 試験のツール自体は無料でご利用可能で、お客様内で利用など自由に実施が可能です。
 当社の品質サービスでは試験の支援を中心に、システムのボトルネックを探るレポーティングのサービスをご提供しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング