ヤマハ、AVレシーバー「RX-V375」を新発売独自技術 「シネマDSP」搭載。全チャンネルディスクリートパワーアンプ5.1サラウンドの臨場感を、お手頃価格で楽しめる

@Press / 2013年4月2日 13時0分

RX-V375(B)
株式会社ヤマハミュージックジャパンは、独自の音場創成技術「シネマDSP」によるシアターサウンドの臨場感や全チャンネルディスクリート構成のパワーアンプを採用した高音質設計など、単品コンポーネントならではの高いクオリティと機能性をリーズナブルな価格で実現した5.1ch AV レシーバー「RX-V375」を、4月上旬よりオンライン通販 Amazon.co.jpを販路として発売いたします。価格はオープン価格、カラーはブラック(B)となります。


■薄型大画面テレビと組合せて豊かな音質とリアルな臨場感を楽しめる
 本格AVレシーバーを、リーズナブルな価格で。
奥行きが短く設置場所を取らない薄型大画面テレビはその構造上高音質化が難しく、映像コンテンツを楽しむうえでの課題となっています。今回発売する「RX-V375」は、単品コンポーネントで組む本格ホームシアターならではの高音質とヤマハが四半世紀にわたって培ってきた独自技術による臨場感を広く提案する、高性能でお求めやすい価格の5.1ch AV レシーバー。最新大画面テレビと組合せて、Blu-ray Discの映画コンテンツのみならず、地上デジタル放送の音楽ライブやスポーツ中継、さらに携帯端末内の音楽やネットワーク対応テレビでの動画など、様々なコンテンツの魅力を存分にお楽しみいただけます。


【「RX-V375」主な特長】
1.全チャンネルディスクリートパワーアンプを採用、映画の中にいるような臨場感を実現する音場創生技術「シネマDSP」を搭載
2.最新テレビとケーブル1本でつながるHDMI端子と便利な機能
3.iPod/iPhone対応のデジタル接続USB端子など優れた接続性
4.スピーカー設定を自動調整するYPAOや日本語OSDなど家族の誰もが手軽にサラウンドを楽しめる機能が充実
5.消費電力を約20%低減する「ECOモード」など3種類の省電力対策を実施


1.全チャンネルディスクリートパワーアンプを採用、
  映画の中にいるような臨場感を実現する音場創生技術「シネマDSP」を搭載
上位モデルに採用されている実用最大出力135W/chのディスクリート構成パワーアンプを新たに搭載。回路の最短化とローインピーダンス化など、Blu-ray DiscのHDオーディオや地上デジタル放送の5.1サラウンドを、より良い音で楽しめるこだわりの高音質設計。独自の音場創生技術「シネマDSP」も搭載し、最新の大画面テレビにふさわしい圧倒的な立体音場を再現できます。加えて、圧縮音声をより魅力的に聴かせるミュージックエンハンサーも装備し、携帯端末内の音楽コンテンツやネットワーク対応テレビでの動画コンテンツなどの圧縮音声もいきいきとした音で楽しめます。

@Press

トピックスRSS

ランキング