アズパートナーズ、第10期を迎えて10棟目の介護付有料老人ホーム 「アズハイム横浜いずみ中央」を4月1日にオープン

@Press / 2013年4月5日 10時30分

「アズハイム横浜いずみ中央」外観
株式会社アズパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:植村 健志、以下「アズパートナーズ」)は、記念すべき第10期を迎えた4月1日に神奈川県横浜市泉区和泉町において、当社で10棟目となる介護付有料老人ホームと、5箇所目となるデイサービスセンターの運営を開始いたしました。

(「アズハイム横浜いずみ中央」外観)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34662/1_1.jpg

【物件概要】
名称  :アズハイム横浜いずみ中央
所在地 :神奈川県横浜市泉区和泉町3300-1
交通  :相鉄いずみ野線「いずみ中央駅」下車 徒歩6分
敷地面積:2194.05平方メートル
延床面積:3124.05平方メートル
構造  :木造3階建
事業所 :介護付有料老人ホーム、デイサービス
定員  :有料老人ホーム(全室個室79名)、デイサービス(最大32名)
開設日 :2013年4月1日
運営会社:株式会社アズパートナーズ


【特長】
「アズハイム横浜いずみ中央」の特長を大きく3点にまとめました。

1.医療体制の整備、柔軟な受入体制を実現
今回の介護付有料老人ホームは、介護専用型特定施設であり、かつ医療的対応体制を整備した事業所である事が横浜市の定める選定条件となっていました。「アズハイム横浜いずみ中央」は、その条件をクリアし認可されたホームであり、「医療依存度の高い入居者様への対応」、「認知症対応」、「リハビリ(機能訓練)」の3つの柱を運営の軸としています。

(1)医療依存度の高い入居者様への対応
体制要件を、介護保険上の必須要件である「入居者様3人に対し1名」より厚くし、看護職員・介護職員を「入居者様2人に対し、1名以上」の配置としました。看護職員を多く配置する事により、医療依存度の高い方から癌末期の方まで受入体制の幅も広がり、多様な方を受入れる事のできるホームとなっています。

(2)認知症対応
パーソン・センタード・ケアの考えはもちろんですが、働く全スタッフが認知症ケアの資格を取得すべく、準備を進めています。スタッフが一人ひとりのお客様の精神的、身体的状況をしっかり把握し、その方にあったサービスが提供できるよう努めていきます。

(3)リハビリ(機能訓練)
ホームには専従の機能訓練指導員が常駐しています。ケアプランに従って歩行器やマシーンを使い、その方に合った個別プログラムによる機能訓練やリハビリを実施します。

@Press

トピックスRSS

ランキング