ケアネット、医師1,000人に“自身の健康管理”を調査 全体の7割が健康診断・人間ドックを欠かさず受診

@Press / 2013年4月10日 10時30分

健康診断・人間ドックについて
医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は2013年3月15日、当社医師会員1,000人に対し、“自身の健康管理”に対する意識調査を実施しました。がん検診の推進・ワクチンの早期接種の推奨など、“予防医療”がいわれる昨今、普段は患者にその重要性を説く側にある医師の自己管理はどういった状況かを尋ねたものです。結果、全体の7割は健康診断・人間ドックを欠かさず受けており、「もっと早く受診していればよかった」という経験を持つ医師は全体の2割程度であることが明らかとなりました。以下、詳細をご報告いたします。


【結果概要】
◆約7割が健康診断・人間ドックを『必ず受ける』、一方で『毎回受けない』医師が1割以上存在
全体の68.7%が『毎回必ず受けている』と回答。『受けないことがある』医師は19.3%、『毎回受けない』医師は12.0%存在。世代間で大きな差は見られなかったものの、『毎回受けない』とした人の比率は年代が上がると共に漸増し、30代以下で10.6%のところ、60代以上では13.8%となった。


◆働き盛りの40代「忙しくて」、60代以上「開業して交代要員がいない」
健康診断・人間ドックを受けない(ことがある)医師に理由を尋ねたところ、最も多かったのは『忙しいから』で64.9%、働き盛りの40代では72.7%に上った。一方、若年層に比べ開業医の比率が高まる60代以上では、『院内に自身しか医師がいない/シフトを替わってもらえないから』が28.6%に上ったのと同時に『自分の健康状態は自分でわかっていると思うから』が21.4%。“受けたいのに都合がつけられない”医師と、“受けないと決めている”医師が他の世代に比して明確に表れるという結果となった。


◆2割近くの医師に『もっと早く受診すれば…』と後悔した経験あり
自身が具合を悪くした際、『もっと早く受診すれば良かった』と感じた経験がある医師は全体の17.6%。40代では20.3%となった。遅れた理由としては、健康診断と同様『忙しかったから』が69.9%と最も多かったが、次いで多い回答が『受診するほどの症状ではないと思ったから』で27.8%。「知り合いの先生が“まだ大丈夫”と過信し、忙しさも重なり受診をのばした結果、手遅れになった」など、ある程度自分で判断がつくことから招いてしまった事態、また「健康診断は受けるが、そこで引っかかっても、多忙のため受診できない」など、結果として“医者の不養生”になってしまうことを嘆く声も寄せられた。

@Press

トピックスRSS

ランキング