ソリッドインテリジェンス株式会社 設立のお知らせ

@Press / 2013年4月10日 18時30分

ソリッドインテリジェンス株式会社( http://www.datasection.co.jp/solidintelligence/company.html 、本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 健人、以下 ソリッドインテリジェンス)は、4月2日、ソーシャルメディアを中心としたビッグデータの調査・分析・活用を支援するデータサイエンティスト専門集団として、データセクション株式会社( http://www.datasection.co.jp 、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下 データセクション)100%出資のもと設立しましたことをお知らせ致します。


■『ソリッドインテリジェンス』設立の目的
弊社は、企業の業務フローに落し込める、「現場重視」のソーシャルメディア・マーケティングを支援するために設立されました。国内でも先進的な取り組みとして、クライアント企業の目的に即したソリューションを提供してきたデータセクションのコンサルティングチームを中心に、独自に蓄積した経験やノウハウを「より多くの企業に」、「現場の状況に合致した」ソリューションとして迅速かつ集中して提供するため、ソリッドインテリジェンスを別会社として設立し、体制の強化を図ります。


■『ソリッドインテリジェンス』が提供するサービス
マーケティング部、商品開発部、情報システム部、広報宣伝部など向けのマーケティングデータに関するコンサルティングおよびツール活用アドバイザリー(*以下後述資料をご覧下さい)


■背景
現在のソーシャルメディア市場においては、「ソーシャルCRM」や「ビッグデータ」等のキーワードが先行し、情報を有意義に活用出来ている企業は多くありません。その中で、ソーシャルメディアを活用することは各企業の経営課題として、取り組むことが急務となっています。しかし、消費者が自由に記載するツイートや投稿は「大規模」「非構造」「予測不可能」で、従来のアンケート/購買等の定量的なデータとは分析ノウハウが異なるため、ソーシャルメディアの分析が企業活動の中に根付いていかない問題が指摘されています。

ソリッドインテリジェンスは、今後ソーシャルメディア情報についてクライアント企業に最適な利用法を提案して参ります。


【資料】『ソリッドインテリジェンス』が提供するコンサルティング例

■マーケティング部・商品開発部向け
・ソーシャルメディア上から販売促進のボトルネックを短納期で可視化する「クイックリサーチ」
・新商品発売後のソーシャルメディア分析~販売促進施策立案
・プロモーション施策の効果測定と販売後POSデータとの比較分析
・競合ブランド比較調査及び商品のポジショニング分析
・ソーシャルメディア上における競合商品との論調比較分析
・競合ユーザーのペルソナ分析(自社ターゲット層のライフスタイル調査)によるマーケティング施策の立案
・デジタル・ネイティブ世代の学生によるワールドカフェ形式のワークショップ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング