2013春・夏 トレンド予測レポート~“プチ贅沢”トレンドに変化の兆し~時代は「ひとりご褒美」から「みんなでご褒美」へ・・・キーワードは「“プチ贅沢”シェアリング」

@Press / 2013年4月18日 14時0分

グラフ1
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2013年の春夏における、トレンドのひとつとして、女性たちの「“プチ贅沢”シェアリング」に注目し、レポートします。

“プチ贅沢”という言葉がすっかり定着した現在。普段は過度な消費を抑えつつも、日々の生活の中で息抜きに“プチ贅沢”をする女性は、いまや珍しくありません。また、2013年に入ってからは「アベノミクス」の影響もあり、さらに“プチ贅沢”志向が高まっていると言えます。

しかし一方で最近、その“プチ贅沢”の楽しみ方に変化が生じています。
以前は、「自分へのご褒美」として「ひとり」で“プチ贅沢”を楽しむ人が多い傾向にありましたが、最近ではそれに加えて、友人たちと一緒に「みんな」で“プチ贅沢”を楽しみたい、というニーズが増えています。

今回、トレンド総研ではこうした動きを「“プチ贅沢”シェアリング」と名付け、レポートいたします。本レポートでは、20~40代女性を対象にした意識調査の結果のほか、マーケティングライターで、世代・トレンド評論家の牛窪 恵氏によるインタビューコメントのほか、「“プチ贅沢”シェアリング」を楽しむ上でおすすめのアイテムについてもご紹介しています。


■レポート内容
1.【インタビュー】トレンド評論家・牛窪 恵氏が語る「“プチ贅沢”シェアリング」の背景
2.【消費者意識調査】女性たちの“プチ贅沢”の実態
3.【商品紹介】「“プチ贅沢”シェアリング」おすすめ商


1.【インタビュー】トレンド評論家・牛窪 恵氏が語る「“プチ贅沢”シェアリング」の背景

はじめに、マーケティングライターで、世代・トレンド評論家の牛窪 恵氏に、「“プチ贅沢”シェアリング」の動きが増えている背景についてお伺いしました。

■「アベノミクス」への期待感から、さらに高まりを見せる“プチ贅沢”欲求

リーマンショックの直後(2008年秋~2009年)、消費者はいったん「倹約(節約)」志向に入りました。しかしながら、2010年頃からは、節約の合間に“プチ贅沢”を楽しむ、メリハリ消費が顕著に。さらに今年に入ると、アベノミクスへの期待感もあり、折にふれ「ちょっとした“プチ贅沢”を楽しみたい」との思いが高まっている様子が見てとれます。
特に、現在の20~30代は、右肩上がりのバブル経済を知らない世代です。もともと派手な“贅沢消費”を嫌う彼女たちは、「自分へのご褒美」と銘打って、自分ひとり用のスイーツを買ったり、柄入りストッキングでオシャレを楽しんだりと、“プチ贅沢”による“プチハッピー”に悦びを見出してきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング