ORIHICA×川崎フロンターレ『川崎フロンターレ オフィシャルスーツ 2013レプリカモデル』 ORIHICA全店で4月20日(土)より限定発売

@Press / 2013年4月17日 10時0分

選手着用イメージ
 株式会社AOKI/ORIHICAカンパニー(カンパニー社長:西沢 一史)は、2006年1月よりJリーグディビジョンワン(J1)川崎フロンターレのオフィシャルスーツサプライヤーとして、スポーツの普及・振興活動をサポートしています。
 今シーズンも、サポーターの皆様からの熱いご要望に応え、『川崎フロンターレ オフィシャルスーツ 2013レプリカモデル』(税込価格:39,900円)と『ふろん太 シルエット柄ネクタイ』(税込価格:3,980円)を2013年4月20日(土)よりORIHICA全店(ネクタイは限定店舗)にて発売し、地域の皆様と共に川崎フロンターレをサポートしてまいります。
<選手着用イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/34924/2_2_1.png


■『川崎フロンターレ オフィシャルスーツ 2013レプリカモデル』とは
 川崎フロンターレの選手が、公式行事や遠征移動時に着用するオフィシャルスーツ。これは、ORIHICAがスーツサプライヤーをスタートして以来、毎年選手と共同で生地やデザインを選定しているこだわりあるスーツです。この度、ORIHICA全店で発売するレプリカモデルは、選手達が実際の着用するオフィシャルスーツと同じデザイン、同じ生地を採用した商品で、2007年の発売以来、毎年ご好評いただいている人気の一品です。


■2013年も、選手が選んだ限定デザインを採用
 2013年モデルは、川崎フロンターレの田中 裕介(たなか ゆうすけ)選手、小林 悠(こばやし ゆう)選手、伊藤 宏樹(いとう ひろき)選手が携わった、こだわりの一品に仕上がりました。
 色柄は、ビジネスの場面でも重宝するミディアムグレーのストライプ柄、素材は年間を通して着用出来るオールシーズン用ストレッチ素材を使用し、スタイリッシュで動きやすいスーツです。エリ裏に配されたフロンターレの象徴的なブルーのクロス(図1)、川崎フロンターレの2013年オリジナルネーム(図2)、ボタンホールのブルーの配色(図3)等は、コラボレーション商品ならではの特徴です。
 その他、上品な英国調フラワー調のジャカード裏地や、本水牛ボタン等はオプションとして追加可能で、オリジナリティ溢れる自分だけのレプリカモデルが手に入ります。また、同素材を使ったレディススーツも一部店舗(「■商品概要」参照)にて用意し、メンズ・レディスともに、パターンオーダーで数量限定で販売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング