マレーシアにおいて4番目となるデータセンターの建設開始について

@Press / 2013年4月18日 11時0分

オフィス棟側外観予定図
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2013年4月18日に、マレーシアにおいて4番目となる「マレーシア サイバージャヤ4 データセンター」の建設を開始します。本データセンターは、マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にある総合開発地域マルチメディア・スーパーコリドーの中核都市サイバージャヤにて、総延床面積約5,600m2(1,000ラック相当)を確保しており、2014年5月よりサービスの提供を開始する予定です。


1.背景
 マレーシアは地震、津波などの自然災害の影響が極めて少なく、電力料金が安価であり、ディザスターリカバリーやオフショア拠点、そしてアジアのシステムの集約先としてのデータセンター需要が増大しています。
 NTT Comでは、マレーシアにおいて、2002年よりデータセンターサービスの提供を開始し、2012年4月に完成した「マレーシア サイバージャヤ3 データセンター」を含め現在3つのデータセンターが稼働しておりますが、さらなるお客さまからの要望にお応えするため、新たなデータセンターの建設を開始することとしました。


2.特長
(1) 安価で拡張性のあるデータセンター
 NTT Comグループで定めたグローバル統一品質基準 *1 を満たすサービスを安価に提供します。データセンター国際基準「Tier III」*2 に拡張可能な本データセンターは、お客さまの要望に応じ、柔軟に設備増設が可能なモジュラーコンセプトを採用し、建物を低層構造にすることで投資効率を高めています。

(2) 同敷地内オフィス棟併設と安心の保守体制
 同敷地内にお客さまが利用可能なオフィスビルを併設しており、お客さまのリモートオフィスやバックアップサイトとしてご利用いただけます。また、複数言語に対応可能な保守サポート要員も同敷地内に常駐しているため、24時間365日迅速な保守運用体制でネットワークからサーバーまでお客さまICTインフラを、厳しいセキュリティポリシーなどに基づき、トータルでマネジメントします。

(3) 高信頼のネットワークコネクティビティが経済的に利用可能
 アジア地域を結ぶ新海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」が2012年に運用開始しており、マレーシアでもNTT Comの国際IPバックボーンを利用した高速・大容量なインターネット接続や、企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」が、低遅延で信頼性の高い国際ネットワークとして提供可能です。さらに、これら全世界をカバーする豊富なネットワークサービスの通信設備(POP)が同敷地内に設置されているため、お客さま機器からアクセス回線不要でバックボーンへ接続でき、経済的な利用が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング