埼玉県・越谷市の「スマート街区先導モデル事業」による全国初のマイクログリッドモデル展示場<越谷レイクタウン住宅展示場>グランドオープン 2013年4月27日(土) 10時~

@Press / 2013年4月23日 13時30分

マイクログリッドモデル イメージ
首都圏を中心に総合住宅展示場の企画・運営を行なっている株式会社 日経社ハビタ21(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀 雅彦、以下、日経社ハビタ21)は、全国初の「マイクログリッドモデル」住宅展示場となる「越谷レイクタウン住宅展示場」を、4月27日(土)にグランドオープンします。
JR越谷レイクタウン駅南口(越谷レイクタウンF地区)にこの度オープンする本展示場は、埼玉県と越谷市の「スマート街区先導モデル事業」による、住まいとエネルギーの未来を提案する新しい住宅展示場です。

今日、電力を基調とするエネルギーインフラの考え方は、従来の広範囲な電力グリッドにおける大規模発電施設からの電力供給に頼る仕組みから、小規模な地域内で、太陽光発電など複数の分散型電源と蓄電池を組み合わせて、電力を合理的に供給する仕組みを持つ地域インフラの「マイクログリッド」へと変わりつつあります。また、マイクログリッド地域内の住宅やビルなどをITネットワークでつなぎ、その電力供給の仕組みと、地域のエネルギー消費を最低限に抑えるように制御する仕組みを協調して管理・運用するスマートグリッド技術で、地域全体のエネルギー有効活用を実現する「スマートコミュニティ」としての街づくりが注目を集めています。
地域内のエネルギーをコントロールする事で、エネルギーの効率的な消費と管理や、地震、災害等停電時の対応力の強化、さらに地域内の防災・見守り機能の強化が図られるもので、現在、このスマートコミュニティ構築を目指して全国でもいくつかの実証実験が取り組まれています。

当住宅展示場は、越谷市が1998年より「新しく水との共存文化を創造する都市」として開発をすすめている越谷レイクタウンのJR越谷レイクタウン駅南口(F地区)で、スマートコミュニティを推進する埼玉県と越谷市の「スマート街区先導モデル事業」により、住宅展示場内に電力を効果的に管理・相互運用する設備とシステムを導入し、先進のスマートハウス展示とともに、「マイクログリッド」のモデル施設として、その機能やメリットを紹介する全国初の住宅展示場。それが「越谷レイクタウン住宅展示場」です。

「越谷レイクタウン住宅展示場」では、エネルギー計測ユニットとスマートメーターを設置した、全棟スマートハウスの各モデルハウスと、太陽光発電システムと蓄電池を備えたセンターハウス(スマートショップ:展示場管理事務所と商業店舗を併設)を電力ラインとインターネットでつなぎ、電力情報を「エリアEMSサーバー」に集約・管理することで、展示場内電力状況のリアルタイム表示による「見える化」や停電時における共用蓄電池からの電力供給を実践していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング