タブレットを活用した料理スタイルの共同実験を実施 ~レッスン用映像とジェスチャーコントロールによる新たな料理スタイルの実現~

@Press / 2013年4月22日 10時0分

ABC Cooking Studio plus international 内観1
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下 ドコモ)、株式会社 ABC Cooking Studio(以下 ABC)、エヌ・ティ・ティ アイティ株式会社(以下 NTTアイティ)、株式会社インセクト・マイクロエージェンシー(以下 インセクト)は、ABCの「ABC Cooking Studio plus international」(六本木・東京ミッドタウン)や男性向け料理スタジオ「ABC Cooking Studio+m」において、タブレットを活用した新たなレッスンスタイルの実現に向けた共同実験を、2013年4月24日(水)から9月30日(月)に実施いたします。

新たなレッスンスタイルとは、料理教室の講師が直接教える従来の形ではなく、タブレットに表示されるレッスン用映像の視聴とアシスタントによるサポートにより料理を学んでいきます。
参加者はABCが本実験用に制作したレッスン用映像を見ながら、自分の作業ペースに合わせて能動的に料理を学び、またレッスン用映像に他言語の字幕やナレーションを施すことで、講師の言語スキルを問わず外国人参加者に対しても同レベルのレッスン内容を提供することが可能になります。

本実験は、タブレットを活用した新たな料理スタイルの事業性と有用性の検証を目的に実施いたします。具体的には、ジェスチャーコントロール技術を利用し、料理中手が離せない状況でもタブレットに触れずにデジタルコンテンツの操作するユーザーインターフェースの開発・検証や、さらにはNTTアイティのひかりサイネージを利用して遠隔地の料理スタジオや自宅へレッスン映像等のデジタルコンテンツの配信・運用の検証を行います。

今後、タブレットを活用したレッスンスタイルにより、これまで特定のスタジオでしか受講できなかった限定レッスンが遠隔地のスタジオにおいても受講可能になるほか、出産や育児、転居等の理由で料理教室への通学が困難になるお客さまへのサービスの継続提供、講師の調理技術の習得が高いハードルとなる海外においてもスピーディーな店舗拡大が見込め、日本が誇る食文化などの料理レッスン事業のグローバルな展開も可能になります。

今後も、各社の保有するサービス・コンテンツ等を融合させ、食事・料理を主軸としたお客さまのライフスタイルを豊かに便利にする新たなサービスの提供について検討してまいります。

共同実験の概要は以下のとおりです。


共同実験の概要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング