ノーチラス・テクノロジーズ、基幹系システムをクラウド上に移行し、ITガバナンスを強化するためのサービス「Node0 UC」の提供開始 株式会社アンデルセンサービスの生産管理系システムをクラウド上で稼働

@Press / 2013年4月23日 10時0分

 株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神林 飛志、以下 ノーチラス)は、オンプレミス上の企業向け基幹系システムをアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上のクラウドに移行・運用し、より主体的にユーザー企業がシステムを企画・開発・運用するためのサービスを、「Node0 UC」(*1)として提供・販売を開始します。

 企業の業務システムにおける、近年のシステム開発の高コスト・ハイリスク化、およびハードウェアの陳腐化のスピードアップは、既存システムの潜在的な問題点を拡大させ、システムの維持コストを増大させています。
 ユーザー企業がこれらの課題にスピードをもって取り組むには、システム構築におけるベンダー・リスクに対処し、自らのシステム・ガバナンスを獲得し、より機動的な情報システム部の構築が急務になります。システムのクラウド化はこのような課題に有効に対処する手段を提供します。

 しかし、ユーザー企業が積極的にシステムのクラウド化を推進するには、直面する様々な課題に対処する必要があります。

 業務システムのクラウドへの移行については、アーキテクチャ設計・実現可能性テスト・ネットワーク設計を検討することに加えて、データ移行・ネットワーク切り替え等を考慮する必要があります。
 また、クラウドでの業務システムの運用においては、よりハイレベルな可用性の確保、障害対策、セキュリティの確保、サポートの強化、クラウドのブラックボックス化への対処、法律的・契約的な対応といった要望があります。

 今回、ノーチラスは、これまでの基幹業務系システムにおけるクラウド化の独自ノウハウを活かし、上記の問題に対処する仕組みを、「Node0 UC」として基幹業務系システム向けにパッケージングしました。

 基幹業務システムのクラウド化は、実績と経験を元にしたノウハウの活用が欠かせません。「Node0 UC」を利用することで、ユーザーはクラウドのユーザビリティを上げ、より高品質なシステムをクラウド上で構築・運用できます。


<Node0 UC>
クラウドベンダーから提供されているクラウド基盤を、基幹業務向けに強化したパッケージング・サービスです。提供されるサービスは以下になります。

1.経験者によるエッセンシャルなアドバイザリー
・業務システムをクラウド環境に適用させるアーキテクチャ・アドバイス
・移行計画サポート・アドバイス
・ネットワーク、サーバー、ストレージ構成・アドバイス
・運用設計のサポート・アドバイス
・他サービス連携・アドバイス

@Press

トピックスRSS

ランキング