昨年に続き第二弾「サントリー本気野菜」のトマトを使ったオリジナルメニューが登場 『六本木農園』にて5月31日(金)まで

@Press / 2013年4月24日 17時30分

トマトの泡に浮かべたカプレーゼ
 サントリーフラワーズ株式会社( http://suntory.jp/FLOWER/ )が販売する野菜苗ブランド「サントリー本気野菜」のトマト3品種、「ピュアスイートミニ」「ボンリッシュ」「こいあじ」を使った料理とドリンクの計9品が、旬の食材を美味しく食べられると人気のレストラン『六本木農園』( http://www.roppongi-nouen.jp/news/archives/2013/04/22210649.html )にて、5月31日(金)まで提供されます。

 「サントリー本気野菜」と『六本木農園』のコラボメニューは昨年に続いて第二弾となります。育てやすく、デザートのような強い甘みが人気の「ピュアスイートミニ」を使った「トマトの泡に浮かべたカプレーゼ」や、“だし”のような濃厚な味わいを持つ調理用トマトの代表「ボンリッシュ」の水分だけで作る「トマヤンクン」、そして今年の新品種、甘み×酸味×うま味がどれも濃い味わいでバランスの良い「こいあじ」を使った「ストレートジュース」など4種のドリンクもおすすめです。


(1)トマトの泡に浮かべたカプレーゼ (税込1,000円)
http://www.atpress.ne.jp/releases/35077/1_1.jpg
(2)トマヤンクン (税込2,000円)
http://www.atpress.ne.jp/releases/35077/2_2.jpg
(3)こいあじストレートジュース (税込600円)
http://www.atpress.ne.jp/releases/35077/3_3.jpg


 「美味しいトマト料理を作るコツは、“いいトマト”を手に入れることです」と同店の比嘉シェフは言います。「“いいトマト”とは、香りが強く、甘みも酸味もあるもの。皮の硬さや酸味のバランスで、煮込み料理やサラダ、デザートなど、作る料理が異なりますが、今回使った3品種のトマトは、加熱したり味を加えたりしても、トマト自体が持っている個性が失われません」(同氏)。

 世界には6,000種以上のトマトがあると言われています。日本でも冬の「トマト鍋」の人気や健康機能性などの話題により、この1~2年でスーパーマーケットのトマト青果売り場に並ぶ品種が充実してきました。サントリーフラワーズでは、家庭菜園事業を始めた2008年頃から調理利用に適した赤系トマトに注目し、煮込みにおすすめの「ボンリッシュ」やソース作りに適した「ルンゴ」、崩れにくいグリル用として「ロッソロッソ」などの品種のトマト苗の販売を行っています。日本で流通しているピンク系トマトと比べ、リコピンなどの機能性成分やうま味成分も多く含まれることが分かっており、今後も注目が高まると見込んでいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング