英語脳を鍛えるWebサイト「英語ドクター.com」開設

@Press / 2013年5月30日 15時0分

株式会社モスケ(本社:横浜市中区、代表取締役:戸崎 憲治)は、社会人のための英語学習サイト『英語ドクター.com』を2013年5月30日に開設いたしました。

『英語ドクター.com』
http://eigodr.com


■開設の背景
日本はアジア諸外国に比べ、英語の語学能力ランキングは万年下位に甘んじています。TOEICやTOEFLの平均スコアを見るまでもなく、街の至る所に奇妙な英語が溢れています。大企業のキャッチコピー、個人商店の看板、政治家の発言・・・枚挙にいとまがありません。学校で数千時間を費やして習った「受験英語」は、実社会ではあまり役に立っていないのが現実ではないでしょうか。

『英語ドクター.com』は、社会人のための実践的なビジネス英語を習得するサイトです。


■『英語ドクター.com』の概要
うろ覚えであっても、せっかく習った受験英語を活用できます。英会話CDや「スピード・ラーニング」と違い、英語の法則性(文法)を用いて「納得感」を感じることは、大人になってから語学を習得する上で、大事になります。大人になってから泳ぎ方を習うときと同様に、海に飛び込む前にプールでコーチングを受けたほうが合理的です。また、法則性=パターンを覚えれば、色々な場面で応用が利きます。特にメールなどを使って英文を書くときは、英会話学校の英語だけでは知識が足りないことがあります。「畳の上の水練」に終わらないための工夫が必要になります。

『英語ドクター.com』では、一日30分、通勤などの隙間時間に、継続して英語にふれていただく勉強法を奨励しています。英語学習に飽きないように話題性の高い身近な出来事やトピックを使って英語で考える力=「英語脳」を鍛えます。

『英語ドクター.com』の管理者の戸崎 憲治は、外資系証券会社や信託銀行に30年以上勤務し、アメリカで20年生活をした経験があります。英国の金融専門誌(IFR)のニューヨーク支局長を務め、TOEICスコアは980点、英検一級を取得しています。『英語ドクター.com』を立ち上げる前は、『冠詞』、『時制』、『前置詞』、『ビジネスeメール』に関する教科書を4冊出版しています(フルーツフルイングリッシュ社)。
「幸か不幸か、初級者、上級者に関係なく、同じような間違いが繰り返される傾向が顕著です。それならば、如何にして正しい英語のパターンを脳細胞に焼き付けるか、日本人向きの学習方法が有効です。」と同氏は語っています。なお、『英語ドクター.com』の副産物として、「日本文化の特異性やビジネスプラクティスの違いにも気づいていただければ幸いです。」と同氏は結んでいます。

受講料金は、一月¥700+消費税。週に5回の配信が受けられます。1配信につき(A4サイズ5~8ページ相当)約¥35+消費税になります。入会費・会員費無料。受講生にはQ&A掲示板の利用、eテキストの購入、ビジネスeメールの有料緊急添削などの特典があります。


【本サイトに関するお客様からのお問い合わせ先】
英語ドクター.com
support@eigodr.com


Mosuke Incorporated

FOR IMMEDIATE RELEASE
May 30, 2013

Mosuke Incorporated Launches English Language Training Website

Mosuke Incorporated launched a new website targeted for the Japanese businessperson interested in improving his/her English.

The new website is called Eigo Doctor.com ( http://eigodr.com ) and is designed for use with a PC, tablet computer or smart phone. “Eigo” is the Japanese term for “English”.

Compared with other Asian countries, Japan ranks consistently in the bottom quartile in English language ability as measured by TOEIC and TOEFL language scores. Businesses have repeatedly implored the Ministry of Education to raise the standard of Japan’s English teaching quality and its teaching staff to little avail, while major businesses themselves continue to resort to “Engrish” (grammatically incorrect English) for their multi-million dollar marketing campaigns. Ignominious examples abound.

Eigo Doctor.com is designed to exploit the thousands of hours Japanese students have devoted to learning English at school into practical/sensible English. Unlike English conversation tapes and “speed learning” techniques, grammar is used to sort English speech patterns, a process which would be familiar to the Japanese student. The site asks its subscribers to devote 30 minutes of their time a day, perhaps during their commute to work, to reorient their mode of perception into English. Since continuity is a key factor to success, textbook style English phrases often irrelevant to the subscriber is replaced with current event topics transmitted online five times a week.

The administrator of the site, Kenji Tozaki, has spent over 30 years working in the financial sector and nearly 20 years living abroad, mostly in New York. Prior to the release of Eigo Doctor.com, Mr. Tozaki has authored four textbooks on the subject of English composition and grammar written in Japanese, namely “A Guide to Articles”, “A Guide to Tenses”, “A Guide to Prepositions”, and “A Guide to Composing Business e-Mail”. “Relevance is important to what I offer to the aspiring student,” he says. “Fortunately, the same mistakes are repeated at all levels regardless of age. The trick then becomes how best to ‘engrave’ the correct English patterns onto a brain filled with ‘Engrish’.”

The subscription price is \700 per month plus tax for approx. 20 online lessons, or \35 per lesson + tax. Each lesson contains 5 to 8 A4-size pages worth of contents, including audio and picture files. Subscribers also have unlimited use of a Q&A Bulletin Board and, for a fee, an emergency e-mail correction service. A by-product of this service is to highlight the cultural idiosyncrasies and differing business practices of a highly industrialized democratic nation that has, for instance, long condoned the beating of athletes, or encouraged women to leave the workplace upon childbirt.

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング