小型ボディながら操作性を高め、クラス最高の28時間動作を実現した新型ハンディターミナルを発売

@Press / 2013年5月8日 12時30分

BHT-1300正面図
株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木 充彦)は、バーコードや二次元コードを読み取る新型ハンディターミナル「BHT-1300シリーズ」を2013年7月3日に発売します。

今回発売するBHT-1300シリーズは、店頭での棚卸し・発注業務や、物流倉庫での入出荷・在庫管理などでの使用を想定して開発しました。女性が長時間使用することも考え、従来品比15%以上コンパクトにした小型ボディを実現しつつ、軍手着用時でも操作しやすいドーム形状のキートップを採用し、小型化と高い操作性を両立させました。また、独自のパワーマネージメントシステムにより、無線LAN常時接続下でも、クラス最高※1の28時間※2の使用が可能になりました。
更に、最新のコード読み取りエンジンを採用し、粗悪な印字のコードやラミネート加工されたコードの読み取り精度を向上させたほか、二次元コードが読み取り可能なモデルについては、二次元コードだけでなく、バーコードも高速読み取りを可能にし、作業効率の大幅な向上を実現しました。
本体のメーカ希望小売価格はオープン価格で、国内と海外合わせて年間約5万台を販売する計画です。
※1:2013年5月 自社調べ
※2:無線常時接続の下、読み取り:無線通信:画面書き替え:待機=1:1:1:20の場合。二次元コードモデルに標準バッテリ搭載時。


【BHT-1300シリーズの特長】
■操作性を高めたコンパクトボディ
従来品に比べ15%薄く、20%軽く、25%小さいコンパクトボディを実現するとともに、軍手着用時でもキーが押しやすいよう、キートップの形状をドーム型にするなど、操作性の高さにもこだわりました。最も利用頻度の高いスキャンキーを本体中央に搭載したことで、コード読み取り⇒キー入力⇒確定(ENTキー)という一連の実績収集操作をスムーズに行うことができます。
また、タフな環境で使用されることも考慮し、2.0mからの落下耐久性と、高耐久液晶プレート採用による高い画面強度も保持しています。
更に、店舗内装にこだわったアパレル店舗などにも自然に溶け込む、高級感あるデザインを実現しました。


■ハンディターミナルに求められる基本性能の向上
・作業効率アップに貢献する優れた読み取り性能
最新のコード読み取りエンジンの搭載により、印字が粗悪なコードやラミネート加工されたコードでも高い精度で読み取りできます。更に二次元コードモデルは、読み取りエリア内でのあらゆる方向からのバーコード読み取りのデコード速度を上げ、バーコードモデルと比べても遜色無い読み取り速度を実現しました。これにより、ハンディターミナルをバーコードの向きに合わせること無く、360°どの向きからでも読み取ることが可能となり、作業効率を飛躍的に向上させることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング