平均貯蓄額は1,000万円、資産運用は株で3割、宝くじに2割!?日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」が『20代・30代男性弁護士のライフスタイル』調査結果を発表

@Press / 2013年5月1日 14時45分

弁護士になった年齢
この度、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」を運営するオーセンスグループ株式会社(所在地:東京都港区、代表:元榮太一郎)は、20代・30代の男性弁護士に「キャリア」「経済」「恋愛」「結婚・育児」について 質問した『20代・30代弁護士のライフスタイル』に関するアンケート調査結果を発表いたします。

【 『20代・30代男性弁護士のライフスタイル』調査結果調査アンケート項目 】

■1、弁護士のキャリア調査
1-1、30代以降に弁護士になった人は35.5%
1-2、理想のキャリア、独立は30代を希望が8割

■2、弁護士の経済事情調査
2-1、平均貯蓄額は約1,000万円、弁護士の2割は宝くじを頼りに!

■3、弁護士の恋愛事情調査
3-1、弁護士の合コン参加率は半々、お友達作りが目的で結婚相手は探していない-
3-2、職場恋愛の経験者はわずか1割

■4、弁護士の結婚・育児意識調査
4-1、理想は30歳までに結婚が50.6%
4-2、多忙な弁護士でも約3割が育児休暇取得を希望


■1、弁護士独特のキャリア調査

1-1、30代以降に弁護士になった人は35.5%

弁護士の「キャリア」では、「弁護士になった年齢」「独立をする予定」「独立をする時期」「独立をしない場合にパートナー(共同経営者)になる時期」について調査いたしました。

2004年に創設された法科大学院制度により、弁護士になるには大学を卒業後、法科大学院(ロースクール)に通うことで司法試験の受験資格を得られるようになりました。このため、現在20代の弁護士は法科大学院を卒業する年齢である26歳から27歳に司法試験に合格し晴れて弁護士となる人が多く、アンケート調査でも最も多いのは27歳、続いて26歳という結果が出ています。また29歳までに弁護士になった人が全体の6割を超えており、20代で弁護士資格の取得を目指す傾向があることがわかりました。

・弁護士になった年齢(有効回答数79人/79人中)
24-26歳 24.1%
27-29歳 40.5%
30-32歳 13.9%
33-35歳 16.5%
36-38歳  5.1%

1-2、理想のキャリア、独立は30代を希望が8割

司法試験の合格者は、その後、最高裁判所に司法修習生として採用され、公務員に準じた身分で司法修習と呼ばれる研修を受けます。その間に就職活動をし、まずは法律事務所に就職をするという流れが一般的です。今回の調査では独立をする予定が「ある」と回答した弁護士が約7割と多く、20代・30代の男性弁護士は独立志向が高い傾向にあることがわかりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング