リタールの新型サーバーラック『TS IT』がさくらインターネットの「石狩データセンター」で採用!

@Press / 2013年5月7日 14時30分

「石狩データセンター」内部
ITサーバーラック・ネットワークラック分野で世界をリードするドイツ・リタール社の日本法人であるリタール株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:高村 徳明)が2012年10月に発売した新型のサーバーラック『TS IT』が、このたび、国内最大級のデータセンター運営企業であるさくらインターネット株式会社の「石狩データセンター」に採用されました。
また、既に48本のラックが同データセンターに設置されています。

リタールの『TS IT』には、以下のような特徴があります。

・設置作業に工具不要、組み立て実作業を3分の1に短縮
・業界最大クラスの開口率85%
・スリムかつ高剛性でサーバー用にもネットワーク用にも使用可能
・オプションでRFID使用のITアセット管理ツールも搭載可能
(詳細は http://www.rittal.com/de_de/ts-it/_jp/ )

さくらインターネット株式会社は『TS IT』のこれらの特徴を高く評価し、「石狩データセンター」の1号棟の拡張にあたり、採用を決定しました。


■リタール株式会社 代表取締役社長 高村 徳明のコメント
「ビジネスのスピードを求められるITビジネスにおいて、お客様はラックにも迅速かつ柔軟な進歩を期待されるようになりました。私達は、部品の標準化・ツールレス工法等、従来のラックにはない新しい発想を取り入れたシリーズ『TS IT』を昨秋に日本で発表いたしました。国内最大級のデータセンター運営企業であるさくらインターネット株式会社様には、2012年3月ドイツで行われたCeBITでの製品発表以来この『TS IT』にご注目いただき、このたび正式にご採用いただいたことを大変光栄に存じます。常に新しい革新的な提案をされる、さくらインターネット株式会社様のデータセンターにご採用いただけたことで、『TS IT』の革新性をより多くの方にご認識いただけるのではないかと思っております」


■さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕氏のコメント
「このたび、世界トップサーバーメーカーのラックのOEM供給を行っている信頼度の高いリタール社製の最新ラック『TS IT』を導入できたことを嬉しく思います。「石狩データセンター」は、確保したフロアに最初からフル装備で運用を始める都市型データセンターとは異なり、データセンター自体が建物単位でモジュール的に効率よく拡張できることを特徴としています。そして、建物内での毎回の拡張・設置についての効率も重視しています。リタールの『TS IT』のコンセプトは、私達の重視するTCO(Total Cost of Ownership・総保有コスト)的な考え方に合致しており、今後も「石狩データセンター」運営の礎の一つとなると確信しています」


■さくらインターネット株式会社 基盤戦略部担当部長 宍戸 隆志氏のコメント
「業界最大クラスのドア開口率85%に加え、内部スペースが広く、工具が不要で組み立てが簡単なこの『TS IT』は、私達のように非常に大量のラックを設置・運用するデータセンター事業者にとって、時間とコストの効率を向上させるのに相応しいラックです。
サーバーのセットアップ作業は、クラウドサービスを運用する以上必ず必要になる作業ですが、時間とコストのかかる作業でもあります。ラックの数が増えれば増えるほど、1分1秒の差が大きな影響を持ちます。この作業時間の改善は、これまでのラックでは限界がありました。『TS IT』によるこれらの作業の簡略化がトータルの設置作業時間を短縮させてくれました」


■『TS IT』について
・製品   : TS ITラック(ティーエスアイティーラック)
・定価   : 248,000円(ラック本体、サイドパネルを含む)
・主な用途 : ネットワークラック、サーバーラック
・販売開始日: 2012年10月12日(金)
・詳細URL  : http://www.rittal.com/de_de/ts-it/_jp/


■リタールについて
リタール(Rittal GmbH & Co. KG、本社:ドイツ・ヘルボルン市)は、産業用エンクロージャー、分電・配電、温度管理システム、ITインフラに加え、ソフトウエアおよびグローバルなサービスと多岐にわたる分野で、世界屈指のソリューション・プロバイダーです。リタール社製のシステムは、様々な工作機械・産業機械や、プラントエンジニアリング、ITおよび通信等の分野で採用されています。
広範な製品・ソリューションラインアップには、モジュール式や省エネ仕様を実現すると同時に、物理的なデータ保護やシステム自体のセキュリティにも対応するソリューションも含まれます。また、グループ会社のEPLAN社の提供するソフトウエアによって、設計段階からの効率化にも貢献します。
1961年にドイツで創立されたリタールは、現在11の生産拠点、64の現地法人、40の販売会社を持つグローバルな企業に成長しました。
世界で10,000人以上の従業員を擁するリタールは、フリートヘルム・ロー・グループ(Friedhelm Loh Group、ドイツ・ハイガー市)傘下で最大の企業です。グループ全体では11,500人の従業員が就業しており、2011年の総売り上げは22億ユーロでした。
日本法人のリタール株式会社は、1988年10月に設立され、日本での製品・ソリューションの販売・サービスを行っています。

<リタール社(ドイツ本社)>
http://www.rittal.com

<フリートヘルム・ロー・グループ>
http://www.friedhelm-loh-group.com

<リタール株式会社(日本法人)>
http://www.rittal.co.jp


■さくらインターネット株式会社について
本社 : 大阪市中央区南本町1丁目8番14号
設立 : 1999年8月17日
従業員: 180名
資本金: 8億9,530万円
売上高: 91億6,462万円(平成24年3月期)
URL  : http://www.sakura.ad.jp/


<この件に関するユーザー様からのお問い合わせ先>
リタール株式会社 お問い合わせ窓口
電話:0120-998-631

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

さくらインターネット株式会社 宍戸様

@Press

トピックスRSS

ランキング