~10周年記念大会~「ホノルル トライアスロン 2013 presented by CVSTOS」スイス機械式腕時計ブランドCVSTOS(クストス)がホノルルトライアスロン2013を特別協賛

@Press / 2013年5月15日 18時0分

クストス1
クストス(本社:ジュネーブ、CEO:サスーン・シルマケス)は、5月19日(日)にハワイ・オアフ島ホノルルにて株式会社アスロニアが開催するトライアスロン大会に特別協賛いたします。今年で10周年目を迎え、日本からも多くの著名人が参加する本大会の名は新たに「ホノルル トライアスロン 2013 presented by CVSTOS」となり、メインスポンサーとして大会をサポートさせていただきます。

【大会ホームページURL: http://honolulutriathlon.jp/
【クストス オフィシャルサイトURL: http://www.cvstos.jp/


トライアスロンは「忙しい時間の中で目標を立て、トレーニングの計画を作り、大会に出場して走破する」その大変な努力の末に得られる達成感に感動を覚え、愛好家となる著名人や有名企業の起業家が増えるなど、充実した人生を送る紳士で意識の高い大人のスポーツとしても注目を集めております。そのような過酷な競技性と、挑戦し続けるアスリート達の姿勢が、まさに時計業界において時代の最先端を追い続け、チャレンジし続けるクストスの理念に通じ、この度メインスポンサーとして大会を応援する運びとなりました。

水泳、自転車ロードレース、長距離走の3種目を連続で行う究極の耐久競技として知られるトライアスロンは、2000年のシドニーオリンピックで正式種目に採用されて以降、近年日本でも競技人口が増加傾向にあります。
本大会においてもオリンピック同様の距離を走破する“オリンピックディスタンス”コース(水泳1.5Km/バイク40Km/ラン10Km)や、その半分の“スプリントディスタンス”コース、ジュニアやキッズコースまで参加出来るコースが8つと多岐に渡るコースをご用意し、より多くの方にトライアスロンを楽しんでいただきます。

大会に向けてクストスチームを結成。当社スタッフに加えアスロニアメンバーをチームに迎え、一丸となってこの度の大会を盛り上げてまいります。チームデザインは“マリンスタイル”をコンセプトに今年発表した最新モデル「チャレンジ シーライナー」のイメージをベースに、ユニフォームや自転車をデザインするなど、スイスの高級ブランド時計メーカーとしてのトータルプロデュース力も見どころの一つです。またフィニッシュラインにおいては“オリンピックディスタンス”コースの全出場者に対して、クストスオリジナルの「サンバイザー」「フィニッシャーズタオル」を用意するなど、出場選手へのホスピタリティにも心掛けております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング