在庫削減!「グローバルSCM習得コースI」研修開催

@Press / 2013年5月14日 17時0分

SCM習得コース
SCM / 生産スケジューリングシステム「Asprova(アスプローバ)」の開発・販売を展開するアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 高橋 邦芳)と、株式会社日本能率協会コンサルティング(本社:東京都港区、代表:代表取締役社長 鈴木 亨)は、製造業の在庫削減スキル向上のための研修プログラム「在庫削減 グローバルSCM習得コース」を企画・開催致します。本コースは座学に加え、実際のケースをもとにシミュレーション(アスプローバSCMを利用)を行うことによりスピーディーな在庫評価と意思決定を体感し、在庫削減のための問題解決手法を習得できます。

※SCM=サプライチェーン・マネジメント(材料・部品の供給から加工・製造・流通を経て顧客へ引渡すまでの、物の流れ・加工プロセスの連鎖を管理する、の意)


■企画の背景
近年、急激なアジア地域への海外生産シフトなど企業のグローバル化が進展、為替リスクをはじめとして企業におけるSCM環境の複雑性が急激に増す中、その変化に合わせてタイムリーにSCM戦略を構築するための在庫削減スキル向上が企業競争力を高めることに繋がります。SCM従事者に対して経営コンサルティングファームの株式会社日本能率協会コンサルティング(以下、JMAC)と生産スケジューラの最大手であるアスプローバが開催する「在庫削減 グローバルSCM習得コースI」研修において、在庫削減課題に対して「Asprova SCM」をシミュレータとして使用することで効率的に仮説検証を行い、短期間により高度なスキルを習得していただき、国際競争力を高める人材の育成・輩出に寄与して参りたいと考えております。


■「グローバルSCM習得コースI(在庫削減)」開催概要
本コースは、製造業の国際競争力強化に必要となるSCM戦略のひとつである在庫削減スキルが習得できる「グローバルSCM習得コースI(在庫削減)」です。本コースは座学に加え、ケースをもとにシミュレーション(Asprova SCMを利用)を行うことによりスピーディーな在庫評価と意思決定を体感し、在庫削減のための問題解決手法を習得することができます。

開催日時:5月開催…2013年5月22日(水)~5月23日(木)、
     7月開催…2013年7月3日(水)~7月4日(木)
開催場所:アスプローバ本社(品川区西五反田7-9-2 五反田TGビル3階)

@Press

トピックスRSS

ランキング