放射能から身を守る地下シェルターを発売~避難時に役立つトイレ・暖炉等も設備~

@Press / 2013年5月15日 9時30分

シェルター イメージ
ワールドネットインターナショナル株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:中嶋 広樹)は、潰れない・沈まない日本製の耐震・核シェルター、津波シェルターを発売いたしました。

URL: http://www.wni-jp.com/shelter.html


■核シェルター・津波シェルター「スーパーバリア」シリーズについて
【特徴】
日本の建築士が24年間研究した「鉄が浮かぶ」をテーマ実現した、シェルターです。
東日本大震災後は国内個人様より、多くのお問い合わせとご注文を頂いております。最近では原発の問題や核ミサイルの問題などで、放射能を気にされる方が非常に増えております。
最近、東北地方に納品いたしました『地下埋め込み型核シェルター』は完全オーダーメイドの製品です。総工費¥17,000,000程になります。

画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/35588/1_1.JPG
12メートル(縦)×9メートル(横)×6メートル(深さ)

【安全確保の設備】
地下に埋め、地上高さ4メートルまで土を盛り上げて埋めます。土の重みを計算し、津波シェルターに比べ鉄板の厚さを2.5倍に設計しております。
シェルターの中は約3ヶ月分の水や食料を貯蔵するスペースもあり、冬の場合に備えて簡易暖炉も設置(吸気・排気システム取り付け)。

シェルター本体の大きさは長さ6メートル、直径2.2メートルあり、内装に床を作り、床下収納もあります。
サイズ的には大人18人位まで使用出来る広さです。さらに簡易トイレも備えております。


■会社概要
会社名 :ワールドネットインターナショナル株式会社
所在地 :〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3F

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング