最新うつ病治療を専門におこなう『新宿メンタルクリニック』 新宿アイランドタワーに2013年6月4日(火)オープン

@Press / 2013年5月20日 12時0分

うつ病治療機器『ニューロスター』
 医療法人社団 翔友会(東京都港区港南、理事長:綿引 一)は、最新のうつ病治療法であるTMS治療(※1)を専門に行うクリニックとして6月4日(火)、新宿アイランドタワー(東京都新宿区西新宿6-5-1)に「新宿メンタルクリニック(以下、同院)」をオープン致します。また、オープンに先立ち5月20日(月)午前10時より、治療に関するお問合せ及び予約の受付を開始致しました。

 同院は、ワンフロア約2,560m2(約774坪)のスペースに、最新のうつ病治療機器であるニューロスター(※2)を63台揃えた首都圏最大級のメンタルクリニックです。

 同院は今回、アメリカ国内で多くの実績を誇るTMS治療を、日本国内のうつ病治療に悩む患者様にとって新たな治療の選択肢となる様、オープンの運びとなりました。TMS治療は過去にNHKスペシャルで放送された「ここまで来た!うつ病治療」の中で紹介された後、大きな反響を呼び書籍化され、国内でも注目されつつあるうつ病の先進医療です。


(※1) TMS治療とは
 TMS治療は、磁気の刺激によって、低下した脳の血流や代謝活動を回復させることで、症状を改善させる新しいうつ病の治療法です。
 治療には専用の機器、ニューロスターを用いて脳の「背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)」に磁気刺激を与えます。刺激は神経細胞を通じて更に深部にある感情をつかさどる「へんとう体」に二次的な刺激を与え、脳の活動を安定化・回復させる方法です。
 アメリカで307人に対して行われた臨床試験のデータによると治療を受けた6割近くの方に効果が認められました。既にアメリカでは4年以上の実績があり480以上の施設で使用され、1万人以上の方が治療を受けております。

(※2) ニューロスターとは
 うつ病治療機器として唯一、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けたアメリカのニューロネティクス社製の機器です。治療は、ニューロネティクス社のトレーニングを受けて認定された医師や、医療・福祉分野の国家資格を持つスタッフが行います。また、ニューロネティクス社が認定した指導医も在籍しております。


【院長 渡邉 壮一郎 ご挨拶】
 今ストレスの多い現代社会を生きながら、うつ病になる方が増えています。これまでうつ病治療の現場で、精神療法・薬物療法などの適切な治療を受けても、症状の慢性化、再発で苦しんでいる方にたくさんお会いしてきました。私達はうつ病治療の新たな選択肢として、TMS治療を提供させて頂くことで、一人でも多くの患者様が回復を目指すお手伝いが出来ればと考えております。


『新宿メンタルクリニック』概要
◆クリニック名  : 新宿メンタルクリニック アイランドタワー
◆診療科目    : 心療内科・精神科
◆所在地     : 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24階
◆ご予約・お問合せ: 0120-772-248 10:00~20:00
◆主な治療    : うつ治療、TMS治療
◆URL       : http://www.shinjuku-mental.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

うつ病治療機器『ニューロスター』【院内】待合室【院内】受付

@Press

トピックスRSS

ランキング