マニアックな消費者のアイデアをカタチにする「SUPER CONSUMER」より、文房具大好き芸人「だいたひかる」デザインの『ショルダーペンケース』が発売

@Press / 2013年5月24日 12時0分

ショルダーペンケース 1
バリューイノベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:南 和繁)は、同社が運営する、消費者のアイデアをカタチにするプロジェクト「SUPER CONSUMER(スーパーコンシューマー)」から誕生した、文房具大好き芸人「だいたひかる」がデザインする『ショルダーペンケース』を発売いたしました。


【商品特徴】
バッグの中で、ペンケース、化粧ポーチ、スマホ、お財布が迷子に…。そんな悩みを解決してくれるのが『ショルダーペンケース』です。ペンケースだけど、化粧ポーチにもなり、ショルダーポーチにもなります。小柄な見た目からは想像もつかないような収納力を発揮。たくさん詰め込んだペンケースは、ペン立てとして机の片隅にちょこんと置いておけます。
「お仕事にも、お散歩にも、旅行にも連れ歩きたい」という、かわいい小物をたくさん持ち歩く女子にとって、魔法のようなペンケースです。


■文房具大好き芸人「だいたひかる」さんが欲しかったペンケース
図書館が大好きなだいたひかるさんは、1日に3冊も読む読書家です。おもしろいエピソードが書いてあれば、模写する趣味をお持ちです。

この度、“図書館の机の上に置ける、大好きな文房具、電子辞書、充電器、メイク道具、お財布が収納でき、自立して取り出しやすいペンケースが欲しい!”という強い想いから、『ショルダーペンケース』が誕生しました。机の上でファスナーを開けばペン立て、閉じればポーチに早変わりします。だいたひかるさんにとって、まさに夢のようなペンケースになりました。


■お仕事も、休日も、いつでも一緒のペンケース
何かと小さな荷物が多い女子にとって『ショルダーペンケース』はとっても使い易いマルチポーチです。それは、昔懐かしいお道具箱のよう。お仕事を頑張る女子のライフスタイルにあったデザインになっています。

お仕事時は、デスクの上でファスナーを開いてペン立てになります。ファスナーが大きく開くため、欲しいものが一目で分かり、すぐに取り出せます。
お昼休みには、ファスナーを閉じてランチの際に持ち歩くショルダーポーチに変わります。メイク道具も入るので、化粧ポーチとしても活躍します。ランチの後のメイク直しにも便利です。

ショルダーポーチとして使用している時、ポーチを開いて中身を確認していても、周りの人から中身は見られないつくりになっています。
お気に入りアイテムが驚くほど入る細部にこだわった構造です。文房具好きなOLさんや、学生さんにとって、機能的で使いやすく、その上かわいいデザイン。いつも持ち歩きたくなるような『ショルダーペンケース』です。

@Press

トピックスRSS

ランキング