ミュージカルCD発売!「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ (沈黙の涙を愛す)」 iTunes、Google Playなどでダウンロードも可能

@Press / 2013年6月5日 12時30分

Loving the Silent Tears CD image (1)
Ocean of Love Entertainment(オーシャン・オブ・ラブ・エンターテイメント)は、カリフォルニア州ロサンゼルスにある6,300席のシュライン・オーディトリアムで行われた一度きりのミュージカル「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」を再現した2枚入りCDを発売しました。
ミュージカルのワールド・プレミアチケットは完売し、観客を魅了したショーを再現したのがこのCDです。

CD「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」は、世界中の音楽を賛美するユニークなアルバムです。作曲を手掛けたのはハリウッド映画、ブロードウェイ演劇、ポップミュージック業界で最も尊敬されている才能あふれるクリエイターたち。意味深い歌詞、心をとらえる音楽、傑出したボーカルが揃った歌を見つけることは大変希ですが、このCD「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」の24を超える曲の中に、聴く人はこの組み合わせの調和を見いだすことができます。

ジュニア・ケース、パティ・コーエナー、ルーク・エバールら俳優たちが伝える自己発見の旅を描いたこのミュージカルの監督は、マイケル・ジャクソンやマドンナの世界ツアーを手がけたトニー賞候補のヴィンセント・パターソン。彼は、「美しい詩をベースに歌が作られていて、まるで異なる国々に由来する歌のように聞かせるアレンジがされています」と語っています。

オスカー賞を2度受賞した作曲家アル・カシャ(ポセイドン・アドベンチャーの「モーニング・アフター」)は、有名な霊性の指導者で人道主義者にして、芸術家でもあるスプリームマスター・チンハイの詩集「サイレント・ティアーズ(沈黙の涙)」を読んで、この壮大なミュージカルを創作しようと触発されました。

音楽の熱烈な愛好家であれば、高揚させてくれ感情に訴えかけるこのミュージカルの数多くの歌を称賛することでしょう。通常の方法で作られる旋律からはかけ離れたそれらの歌は、ジョージ・カーランドレリ「クラウチングタイガー・ヒドゥンドラゴン」、ダグ・カサロス「フット・ルース」、ヘンリー・クリーガー「ドリームガールズ」、ドン・ピピン「ラ・カージュ・オ・フォール」、ナン・シュワルツ「ハリー・ポッターと死の秘法」、デヴィッド・シャイア「サタデー・ナイト・フィーバー」を含める最高の音楽の匠たちによって、印象的なメロディーへと巧妙に作り上げられた自由詩です。

@Press

トピックスRSS

ランキング