ミュージカルCD発売!「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ (沈黙の涙を愛す)」 iTunes、Google Playなどでダウンロードも可能

@Press / 2013年6月5日 12時30分

Loving the Silent Tears CD image (1)
Ocean of Love Entertainment(オーシャン・オブ・ラブ・エンターテイメント)は、カリフォルニア州ロサンゼルスにある6,300席のシュライン・オーディトリアムで行われた一度きりのミュージカル「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」を再現した2枚入りCDを発売しました。
ミュージカルのワールド・プレミアチケットは完売し、観客を魅了したショーを再現したのがこのCDです。

CD「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」は、世界中の音楽を賛美するユニークなアルバムです。作曲を手掛けたのはハリウッド映画、ブロードウェイ演劇、ポップミュージック業界で最も尊敬されている才能あふれるクリエイターたち。意味深い歌詞、心をとらえる音楽、傑出したボーカルが揃った歌を見つけることは大変希ですが、このCD「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」の24を超える曲の中に、聴く人はこの組み合わせの調和を見いだすことができます。

ジュニア・ケース、パティ・コーエナー、ルーク・エバールら俳優たちが伝える自己発見の旅を描いたこのミュージカルの監督は、マイケル・ジャクソンやマドンナの世界ツアーを手がけたトニー賞候補のヴィンセント・パターソン。彼は、「美しい詩をベースに歌が作られていて、まるで異なる国々に由来する歌のように聞かせるアレンジがされています」と語っています。

オスカー賞を2度受賞した作曲家アル・カシャ(ポセイドン・アドベンチャーの「モーニング・アフター」)は、有名な霊性の指導者で人道主義者にして、芸術家でもあるスプリームマスター・チンハイの詩集「サイレント・ティアーズ(沈黙の涙)」を読んで、この壮大なミュージカルを創作しようと触発されました。

音楽の熱烈な愛好家であれば、高揚させてくれ感情に訴えかけるこのミュージカルの数多くの歌を称賛することでしょう。通常の方法で作られる旋律からはかけ離れたそれらの歌は、ジョージ・カーランドレリ「クラウチングタイガー・ヒドゥンドラゴン」、ダグ・カサロス「フット・ルース」、ヘンリー・クリーガー「ドリームガールズ」、ドン・ピピン「ラ・カージュ・オ・フォール」、ナン・シュワルツ「ハリー・ポッターと死の秘法」、デヴィッド・シャイア「サタデー・ナイト・フィーバー」を含める最高の音楽の匠たちによって、印象的なメロディーへと巧妙に作り上げられた自由詩です。

アルバムは、グラミー賞16個、アカデミー賞3個、トニー賞3個、エミー賞5個を獲得したトップアーティストとクリエイターとの感動的なコラボをフィーチャー。
グラミー賞受賞のミキサー、エンジニアで、プロデューサーのトム・ウィアーは、「ミュージカルの音楽は素晴らしく、作品とアレンジが卓越しています」と語りました。

ボーカリストには、グラミー賞受賞のジョン・セカダ「ジャスト・アナザー・デイ」、ジョディ・ワトリー「リアル・ラブ」、伝説的なジャマイカのレゲエグループのブラック・ユフル「アンセム(賛歌)」が含まれます。
明確なビジョンを持ったアーティストたちに大勢のブロードウェイのスターたち、国際的なポップスの偶像たちが加わり、16の多様な音楽文化を作り上げます。ケルトのケイティ・マクマホン、中近東のカメリア・アブー・オダー、アラブのリエル・コレット、イスラエルのシアヴァシュ・シャムス、ロシアのキリル・クリッシュ、ベトナムのホー・クイン・フォン、ブラジルのファビアナ・パッソーニ、フランスのフロー・アンカー、中国のケイ・ツェーなどです。

ミュージカルとこのCDアルバムのハイライトは、エミー賞を受賞し、トニー賞候補のリズ・キャラウェイが舞い上がるような声で歌う、オーストラリアから着想を得た「モンキー・マインド」、韓国人スターのブライアン・ジョーによる優しい「シンギング・プレイズ(讃美歌)」、韓国系アメリカ人歌手ヘザー・パクが歌うアメリカのナンバー「ノー・プレイス・フォー・ユー」、トニー賞受賞のデビー・グラヴィット、イタリア人テノール歌手マルク・ジャニセロの驚異的なソロ「イニシエーション」です。

オスカー賞と2度のグラミー賞を受賞したデヴィッド・シャイアが作曲した美しい音楽に賛同し、ブライアン・ジョーは、ヘザー・パクとのデュエットでの極めて優美なコール&レスポンス効果をこう説明します。「ヘザーが何かを英語で歌うや否や、私が加わって韓国語で歌い、まるで二人が一人で歌っているかのように、一心同体で共に神を賛美するのです。」

ヘザーはさらに歌の深遠な意味について、こう付け加えました。「それはまさに私たち自身を神に捧げているようなものでした。アーティストが歌い演じる時に体験するものと非常に似ていると思います。『シンギング・プレイズ(讃美歌)』という歌は、まさにこのミュージカルで私たちが実際に成し遂げようとしている素晴らしい小宇宙なのだと思いました。」

このCDアルバムにはボーナス曲も含まれています。スプリームマスター・チンハイが歌う自作の歌“Talking to a Stone Buddha. (石仏に話しかけながら) ”です。

発売元はオーシャン・オブ・ラブ・エンターテイメント。CDは2枚組で、歌詞、アーティストの写真と略歴が載っているフルカラーの小冊子つき。


【ご購入方法】
CDは http://www.amazon.co.jp/http://www.OceanofLoveEntertainment.com から入手できる他、以下の主要なオンライン小売販売店からダウンロードもできます。
iTunes、Google Play、Ocean of Love Entertainment、Spotify、CD Baby、Last.fm、Rdio、MediaNetなど。


CD「ラビング・ザ・サイレント・ティアーズ(沈黙の涙を愛す)」は全ての文化の美しさを称える完璧な方法であると同時に、内面の平和と集団平和の両方を成就するための私たちに共通する探求でもあります。

予告編つきのビデオは以下でご覧になれます:
http://www.youtube.com/watch?v=7vKOUH1EP_g


【スプリームマスター・チンハイについて】
スプリームマスター チンハイは世界的に有名な霊性の指導者、人道主義者、芸術家、詩人です。世界中の慈善事業と救済活動を行うために、芸術作品を通じて独自の資金を作り出し、スプリームマスター チンハイ・インターナショナル・アソシエーションがその活動を遂行しています。
全ての人々の苦しみを救済する彼女の献身に対し、2006年にはノーベル平和賞のアジア版と見なされている「グシ平和賞」を授与されました。
彼女は、発展的な番組制作に重点的に取り組む、全世界を網羅したテレビ局「スプリームマスターテレビジョン」の後ろで人々を導く光でもあります。


【オーシャン・オブ・ラブ・エンターテイメントについて】
オーシャン・オブ・ラブ・エンターテイメントは、文化的理解や芸術性を高める大切さにハイライトを当てた、心を高揚させる作品のプロモーションが専門の発売元です。
http://www.OceanofLoveEntertainment.com


【参考画像】
・Loving the Silent Tears CD image (1)
・Loving the Silent Tears CD image (2)

※以下の2つの写真を掲載される際には、「courtesy of Supreme Master TV」と記載してください
・Loving the Silent Tears Musical_ジョディ・ワトリー
・Loving the Silent Tears Musical_ジョン・セカダ

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Loving the Silent Tears CD image (2) Loving the Silent Tears Musical_ジョディ・ワトリー Loving the Silent Tears Musical_ジョン・セカダ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング