『九州 熱中屋』が田町、浜松町、御茶ノ水に3店舗連続オープン

@Press / 2013年5月22日 16時15分

活豊後さば」姿造り
この度、株式会社ダイヤモンドダイニングのグループ会社、株式会社ゴールデンマジックは「九州 熱中屋」ブランド強化策の一環として、5月22日(水)に田町「地鶏屋長治」をリニューアルし「九州 熱中屋 田町芝浦LIVE」を6月5日(水)に浜松町「博多黒太鼓」をリニューアルし「九州 熱中屋 浜松町駅前LIVE」を6月19日(水)には御茶ノ水「九州男唄」をリニューアルし「九州 熱中屋 御茶ノ水LIVE」をオープンいたします。

「九州にある美味しい居酒屋が東京上陸!」をコンセプトに代表の山本が現地に視察させていただき見つけてきた九州各地のこだわりの海の幸・山の幸を旨みを最大限に生かす調理法でご提供いたします。
「博多一口鉄板餃子」など人気の九州料理から「手作りの薩摩揚げ」や「がめ煮」など郷土料理、
季節ならではの旬の食材を使ったお料理をご用意。九州の地元の味を思う存分ご堪能ください。

【売り切れ御免!大分県豊後水道から直送】
■大分県豊後水道「活豊後さば」姿造り 一尾3,675円 / 半身1,880円
大分県豊後水道の荒波にもまれ、身の締まり、脂ののり共に超一級品のさばを直送で仕入れ、お客様のご注文をいただいてから生簀から引き上げる「活き豊後さば」は、脂ののったトロトロの腹身とギュっとしまったコリコリした背の歯応え。
東京ではなかなか食することのできない新鮮そのものの味わいをぜひ実感して下さい!

【霧島黒豚 ~宮崎県ドリームファーム~】
日本最南端の連峰「霧島連山」の麓で雄大な自然の中育てられた「霧島黒豚」は、黒豚の中の黒豚といわれるほど、柔らかくて歯切れのよいきめ細かい肉質と甘みのある良質の脂肪が特徴です。
山の斜面を使い空気の通りがよい豚舎は、常に清潔でクラシックが流れており豚にストレスをかけないよう徹底され、成長段階に応じた適切なえさを与えるなど愛情豊かに肥育されています。
■霧島黒豚の腕っぷし焼 三色薬味添え924円
筋肉質でいてコクのある豊かな味が特徴。山葵、天然塩、にんにくスライス、全ての薬味と一緒にお召し上がり下さい。身の締り、脂の旨味、赤身のコク、豊かな味わいを感じる逸品です。
<その他、霧島黒豚メニュー> 霧島黒豚バラ肉の海塩溶岩焼1,449円/腕肉とバラ肉の炭焼き盛り合わせ1,659円

【九州料理:名物】
■博多一口鉄板ぎょうざ 1,050円
赤身、背脂、なんこつ、数種類の野菜をブレンドした種を特製の皮で一つ一つ包みこみこんだ自家製餃子です。
まずは定番の酢醤油で召し上がっていただき、次に液体の柚子胡椒「YUZUSCO」(ゆずすこ)とともにより本場の餃子を体感していただきます
■手作り薩摩揚げ 714円
ゴチや鱧、甘鯛など、その季節の旬の魚をすり身にし、お店で手作りしております。
揚げたてふわふわもっちりの本場の薩摩揚げをご堪能いただけます。
■手作りからし蓮根 515円
江戸時代から熊本に存在した「からし蓮根」。
強烈な辛さが一般的ですが、熱中屋で手作りしているからし蓮根はややマイルドな味わい。シャキッとした蓮根とのコントラストをお楽しみください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング