クラウディアン社、Citrix CloudPortal Business Manager向け「Cloudian Connector(クラウディアン・コネクター)」を発表

@Press / 2013年5月24日 10時0分

米国、CITRIX SYNERGY LOS ANGELES - 市場をリードするクラウドストレージソフトウェア企業であるクラウディアン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、ストレージサービス(STaaS:STorage as a Service)の管理と提供を飛躍的に簡単にする、Citrix CloudPortal(TM)Business Manager 2.0向け「Cloudian Connector(クラウディアン・コネクター)」の導入を発表しましたので、お知らせいたします。


Cloudian(R)とCloudPortal Business Managerとの統合により、企業のIT部門やサービス事業者は、S3互換クラウドストレージサービスを簡単に展開できます。これにより初めて、サービスのプロビジョニングから、マルチテナント機能によるユーザー管理、料金設定、課金までの全てが即時に利用可能となります。これは、ストレージをサービスとして提供するSTaaSの導入障壁を取り除き、『ストレージのユーティリティ化(Storage-as-a-Utility)』に向け市場を一歩前進させる画期的な取り組みです。

Citrix社クラウドプラットフォーム・グループのグループVP兼GMのSameer Dholakia氏は、「Citrix CloudPortal Business Managerは、企業やサービス事業者にとって、クラウドのコマース、ユーザー管理、プロビジョニング、運用、あらゆるものをサービス化(Anything-as-a-Service (XaaS))できる共通クラウド・インターフェースへの統合を可能にします」と語っています。

「CloudPortal Business Manager向けの「Cloudian Connector」は、これらのサービスをストレージに拡張するものです。これにより、企業やサービス事業者によるクラウド運用の簡素化と合理化をはかり、クラウドストレージの購入や管理費用を大幅削減することで、それぞれのエンドユーザーやIT部門の生産性向上をもたらします。Cloudianは『ストレージをユーティリティ化する(Storage-as-a-Utility)』というビジョンに向かい、必要不可欠のサービスを提供します」と述べています。

CloudianとCitrix技術の組み合わせは、クラウドストレージのプロビジョニング、管理、提供を一元的な基盤とユーザーインターフェースにより提供することで、運用費を大幅に削減します。CloudianはCitrix CloudPlatform(TM)powered by Apache CloudStackとの互換性が試験、検証により実証され、「Citrix Ready(R)」のクラウド認定を受けたストレージソリューションです。「Citrix Ready」は、Citrix製品投資を増やすサードパーティ製品を選定する際の、顧客における意思決定手順の簡素化とリスク低減を目的としたプログラムです。

@Press

トピックスRSS

ランキング