浜内 千波先生、赤堀 博美先生、佐藤 秀美先生ら食の分野の専門家が集結 肉はちょっとした焼き方一つでおいしくなる「肉焼き技」紹介 「肉焼き総研」発足

@Press / 2013年5月23日 16時30分

肉焼き総研ロゴ
このたび、「肉焼き(肉を焼く)料理」に秘められた「おいしさ・楽しさ」をさらに高めるノウハウ・コツ、そして肉のもつ健康効果を研究し、それらの啓発活動を進めることを目的とした「肉焼き総研」(所長:鈴木 敏郎 東京農業大学農学部教授 農学部長)を発足いたしましたのでお知らせいたします。


高度経済成長期からバブル期をへて、日本人が様々な食文化を楽しむことが一般的になっています。中でも、“肉”は常に人を魅了してやまない「おいしさ」と「楽しさ」を提供し、日本人の健康づくりにも貢献をしてきました。実際に、1人当たりの年間・肉消費量の推移も10年間で16%アップ(※総務省「家計調査報告」)と増加傾向にあり、牛・豚・鶏をバランスよく摂取していることも伺えます。一方で、様々な食・調理法と接する中、「肉を焼く」という行為は、「単に焼くだけ」の調理法とみられがちで、その奥深さが理解されてこなかった一面もあります。

このような背景を踏まえ、当会では、今まで知られていなかったほんの少しのノウハウ・コツをつかむことで、「肉焼き料理は今までとは見違えるほどおいしくなる」ことをより多くのご家庭に理解頂き、今まで以上に「おいしく・楽しい肉焼き料理」を実践頂くことで、人々の健康づくりにも貢献していくことを目的として、有志協力のもと発足いたしました。

そして当会では、開発グループのメンバーとして参画頂いた、食の分野の専門家である、浜内 千波先生(料理研究家、ファミリークッキングスクール主宰)、赤堀 博美先生(管理栄養士、赤堀料理学園校長)、佐藤 秀美先生(学術博士(食物学)、日本獣医生命科学大学非常勤講師)らに協力を仰ぎ、科学的視点も取り入れた「肉をおいしく焼くための方法に関する研究(絶品ルール)」を編纂し、その普及に努めていくほか、「肉焼き(肉を焼く)料理」に秘められた「おいしさ・楽しさ」に関する情報発信や啓発活動を行っていく予定です。

当会の詳しい概要や参画者、予定活動内容については、以下をご参照ください。


【肉焼き総研 概要】
●名称    : 肉焼き総研
●設立日   : 2013年5月22日
●活動目的  : 「肉焼き(肉を焼く)料理」に秘められた
         「おいしさ・楽しさ」をさらに高めるノウハウ・コツ、
         肉のもつ健康効果の研究とそれらの啓発活動
●参画メンバー: 鈴木 敏郎先生
         (東京農業大学農学部教授 農学部長)
         浜内 千波先生
         (料理研究家、ファミリークッキングスクール主宰)
         赤堀 博美先生
         (管理栄養士、赤堀料理学園校長)
         佐藤 秀美先生
         (学術博士(食物学)、日本獣医生命科学大学非常勤講師)
         ※各メンバーの詳しいプロフィールは以下をご参照ください。
●活動予定内容:
(1) 肉をおいしく焼くためのノウハウ・コツである「絶品ルール」の研究(情報収集・実験実施)開発
(2) 肉および、肉焼きメニューに関する消費者動向の調査・発信
(3) 肉および、肉焼きメニューに関する研究情報(健康情報など)の調査・発信
(4) 肉焼き(料理)に関する各種マスコミセミナーおよびイベントの開催
(5) 当会WEBサイトを通じた情報発信
※今後の検討や環境変化等により変更する場合があります。
●URL     : http://nikuyakisoken.jp
●協賛    : エバラ食品工業株式会社

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング