ビートコミュニケーション、クロスヘッドへ企業内ソーシャルメディアを導入

@Press / 2013年5月29日 10時30分

エンタープライズ向けソーシャルネットワークのリーディングカンパニー株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井 亮、以下 ビートコミュニケーション)は、クロス・ヘッド株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:長 正三、以下 クロスヘッド)に社内SNS『Beat Shuffle』を導入したことを発表いたします。


クロスヘッドは、1992年の創業以来一貫して企業の求める最適なネットワークシステムを構築、運用しており、全社員340名のうち約7割がエンジニアとして外部常駐しています。これら外部常駐社員をいかにして成長させていくかが顧客から信頼を獲得する鍵になると考え、従来力を入れてきた研修教育だけではなく、社員同士の横のつながりを強化し、双方向のサポート体制づくりを目指して『Beat Shuffle』を導入しました。

クロスヘッドでは従来、社内業務のやり取りをメール中心に行ってきましたが、常駐先によってはメールを受信できないケースがあり、会社からの連絡事項が行き届いていないなど、度々問題となっていました。この問題に対し、BYOD(Bring your own device)の一環として、私物のスマートフォンやフィーチャーフォンから『Beat Shuffle』の利用を認めることで、全社員のリアルタイムな情報共有を可能としました。現在では都内近郊の数十か所におよぶ常駐先から投稿される業務ノウハウやケーススタディが共有され、顧客ニーズに即したスピード感あるサービスにつながっています。他方、業務外ではコミュニティで共通の趣味を通じた新たな人脈が形成され、オフでの交流につながったり、経営層が持ち回りでブログを投稿することで経営者の人となりや想いが伝わり、社員との距離感が縮まったという声も聞かれます。

また、当システムの特徴としてクロスヘッドがスクラッチ開発した勤怠管理、人事評価、週次報告などこれまで別個に管理されていたシステムを『Beat Shuffle』上に集約、ポータル化し、社員が必然的にアクセスする仕組みにすることで、導入以来の月間アクティブユーザ率は平均96%以上の高い数値を残しています。

今後は『Beat Shuffle』のオプション機能である動画コンテンツ配信ソリューション「Gridow for Beat Shuffle」を活用し、パワーポイント、Word、Excel、PDFなどと動画を組み合わせた各種技術共有や新人教育の充実化を計画しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング