オンラインで学ぶ『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』スタート

@Press / 2013年6月20日 11時0分

「Share Wis」イメージ図
 一般社団法人日本プレゼン・スピーチ能力検定協会(以下、「日本PS能力検定協会」、所在地:東京都千代田区永田町、理事長:荒井 好一、URL: http://supiken.jp/ )は、オンラインで学ぶ『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』の認定セミナーを、2013年6月20日より開始します。

 『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』は、「人が人前で話をする=パブリック・スピーキング」において重要なキーポイントを「学科知識」として習得したことを認定するものです。この度、“知識の地図”というユニークな視点に立ち、ホームページやスマートフォン/タブレット端末のアプリを活用して、さまざまなスキルアップのための学びの場を提供する無料学習サービス「Share Wis」とのタイアップにより、完全無料で『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』の認定に必要な知識を学習できるシステムを構築することができました。
 具体的には、「Share Wis」から閲覧できる40本の「レクチャー(動画)」でスピーチの基本理論を学び、レクチャーごとに提示される全50問の「確認テスト」で知識習得度をチェックしながら自習していきます。すべてのレクチャーを学習し終えたときには「パブリック・スピーキング」に必須な知識が無理なく習得できているよう、トピックごとのきめ細かなプログラムを提供しています。

 日本PS能力検定協会は、『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』を「プレゼン・スピーチ能力獲得のための学科知識ベースの入門クラス」として位置付け、誰もが気軽に「パブリック・スピーキング」について学べることを目指しています。また、すべてのレクチャーを学習し終えた希望者には、「プレゼン・スピーチ3級学科能力検定 合格認定証」を発行します。これにより、転職・就活の履歴書の「免許・資格」欄に記載できます。
※合格認定証の発行には申込が必要です。(有料:3,300円(消費税込))
※「Share Wis」サイトをPCで閲覧する際の推奨ブラウザ:Google Chrome 最新版


(注)日本PS能力検定協会が提供している「プレゼン・スピーチ2級実技能力検定」は、5日間に及ぶセミナーを受講し、さらにその後に実施する「検定試験」の合格者に与えられる認定資格であり、実践スキルとしてのスピーチ能力やプレゼンテーション能力を認定、保証するものですが、『プレゼン・スピーチ3級学科能力検定』は学科知識の習得を認定、保証するもので、実践スキルを保証する認定資格ではありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング