音楽でコミュニケーションをしよう 聴き放題音楽サービス「KKBOX」6月1日提供開始

@Press / 2013年5月31日 14時0分

音楽情報満載のオススメページ
KKBOX Japan合同会社(所在地:東京都港区、代表:八木 達雄)は、2013年6月1日より、聴き放題音楽サービス「KKBOX」を月額980円(税込)で提供開始いたします。


【「KKBOX」について】
「KKBOX」は、既に台湾、香港、シンガポール、マレーシアでサービスを提供しており、1,000万人の利用者を持つアジア最大の音楽サービスです。日本ではスマートフォン、パソコン、タブレットなどで、いつでもどこでも多彩なラインアップの楽曲が聴き放題になるだけでなく、離れたユーザー同士で、リアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しめる「一緒に聴く“Listen with”」といったソーシャルコミュニケーション機能が特徴となる、新しい聴き放題音楽サービスです。今後、邦楽、洋楽ラインアップの充実に加え、C-POPなどアジアの楽曲も提供予定です。

なお、通常会員登録ならば1日間、Facebookアカウントでの登録ならば1週間、無料で全機能がお試しいただけるフリートライアル期間を用意しており、auかんたん決済での決済登録であれば30日間無料でご利用いただけます。


【主な「KKBOX」サービスの特徴】
(1) 楽曲聴き放題
多彩なラインアップの楽曲が聴き放題で、オリジナルのプレイリストも簡単に作成可能なため、聴きたい曲をすぐに聴くことができます。また、楽曲のキャッシュができるため通信圏外においても、一定曲数を視聴することができます。
※ キャッシュした楽曲を視聴できるのは、本サービスの契約期間中に限ります。
※ キャッシュ可能な曲数については利用機器や外部メモリーの容量により異なります。

(2) マルチデバイス対応
スマートフォン、パソコン、タブレット、さまざまな機器に対応しています。自分で作ったプレイリストは自動的に同期されるため、複数の機器で同じ音楽ライブラリを持ち運べます。

(3) 一緒に聴く「Listen With」
オンライン中の友達や有名人、アーティストと一緒に同じ音楽を聴きながらチャットを楽しむことができます。さらには国境を越えて「KKBOX」が提供されている国(台湾、香港、シンガポール、マレーシア)のユーザーと一緒に聴くことができるため、今までにない新しい音楽体験を提供します。自分がDJとなって日本をはじめ台湾、香港、シンガポール、マレーシアのリスナーに向けてお気に入りの楽曲をおススメすることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング