留学希望者が海外の大学スタッフ・教授と話せる大型留学イベント「beo留学フェア 2013 Spring」開催報告

@Press / 2013年6月4日 9時30分

会場
留学サポートや英語学校事業など、留学のトータルサポートを提供するBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー[元ブリティッシュ・カウンシル マレーシア エデュケーション ディレクター]、以下:beo)は、2013年3月末に東京・大阪で大型留学イベント「beo留学フェア 2013 Spring」を開催しました。


毎年、春と秋に開催している同フェアですが、春の開催では過去最多の教育機関が参加し、大きな盛り上がりを見せました。来場者については社会人の割合が最も高く、経営学やビジネス分野が人気の専攻となり、キャリアアップを望む社会人のモチベーションの高さがうかがえました。

当日の模様: http://www.beo.jp/event/2013/0330190445.html


【参加者概要】
■参加者データ
<職業>
小学生・中学生・高校生  :10%
大学生          :32%
会社員・アルバイト・自営業:38%
その他・未回答      :20%

<人気の分野ランキング>
1位:経営・ビジネス
2位:開発学・平和学
3位:国際関係学・政治学

<留学準備の段階>
情報収集中 :63%
出願準備中 :18%
出願済み  : 9%
合否結果判明:10%

<留学時期>
今年(2013年):35%
来年(2014年):35%
2015年   : 7%
2016年   : 1%
未定    :22%

※大学・大学院留学フェア、小学校・中学校・高校留学フェアの参加者


■参加者の感想
●自分で調べきれなかった大学も知れてよかったです。
●大学がどのような人を求めているか知ることができ、よかったです。また最近モチベーションが下がっておりましたが、やる気が出てきました。
●セミナーや話を聞いて、留学したいという気持ちがより強くなった。
●大学スタッフの方が自分に適したコースについて詳細に教えてくれ、今後のやるべきことが明確になった。通訳の方がいてくれて助かりました。
●留学するために英語がハードルとして大きく感じていたが、準備校があることを知り、可能性が広がった。ありがとうございます。
●インターネットだけでは分からない、大学や大学のある場所の環境などを、実際に会話したり、写真を見せてもらうことでよりイメージすることができて、パンフレットもありがたかったです。
●新たな志望校を見つけられました。
●大学院へ行きたいという気持ちがはっきりした。来て良かった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング