GfK Japan調べ:コンタクトレンズのインターネット販売市場動向

@Press / 2013年6月3日 18時0分

図1.コンタクトレンズ市場規模
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、コンタクトレンズのインターネット販売(以下 ネット販売)のトラッキングデータサービスを開始し、同市場の販売動向を発表した。


【概要】
・2012年、コンタクトレンズのネット販売市場規模は前年比24.4%増の444億円。
・コンタクトレンズ小売市場におけるネット販売の金額構成比は17.7%へ上昇。
・レンズタイプ別では、乱視用、ビューティーレンズが拡大※1。


【市場全体に占めるネット販売の金額構成比は17.7%】
 2012年のコンタクトレンズのネット販売市場は444億円と、前年から24.4%のプラス成長となった(図1)。同市場の販売伸長により、2012年のコンタクトレンズ小売全体市場としても金額前年比3%増を記録した。チャネル別金額構成比を見ると、ネット販売が占める割合は前年から3%ポイント拡大し、17.7%となった。
 眼科医療機関において発行される処方箋やCL指示書を提示することなく購入できるネットショップの増加に伴い、利便性と価格優位性を備えているネット販売チャネルが拡大傾向にある。

図1.コンタクトレンズ市場規模
http://www.atpress.ne.jp/releases/36079/a_1.png


【レンズタイプ別ではビューティーレンズ、乱視用が拡大】
 ネット販売市場における2012年のレンズタイプ別金額構成比をみると、近視用が前年から4%ポイント縮小し74%となる一方、ビューティーレンズは前年の12%から13%へ、乱視用は9%から12%へ拡大した(図2)。店頭市場では、近視用が77%、ビューティーレンズが8%、乱視用レンズが12%となっており、ネット販売におけるビューティーレンズの構成比の高さが際立った。

図2.ネット販売レンズタイプ別金額構成比
http://www.atpress.ne.jp/releases/36079/b_2.png

 ビューティーレンズ、乱視用レンズは、近視用レンズと比べ、販売金額が高めに設定されおり、価格に敏感なコンタクトレンズユーザーがネットショップでの購入に流れていると考えられる。さらに、ビューティーレンズは化粧品感覚で装用されることが多く、豊富な品ぞろえを誇るネット販売が支持を集めていると見られる。


※1 ビューティーレンズ:カラーコンタクトレンズとサークルレンズ(レンズの淵にラインがあり、目を強調させる効果がある)の総称


≪ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンについて≫
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、家電製品などの耐久消費財実売データ、その他総合マーケティングサービスを提供する市場調査会社GfKの一員です。
 オプティックス製品、ゴルフ用品、映像ソフトウエアなどの分野において、POSデータ・店舗監査データを基に推計した市場代表性の高いマーケットデータと関連サービスを提供しています。

URL: http://www.gfkrt.com/japan/

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、正式社名のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」、「GfKジャパン」の略記でも結構です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

図2.ネット販売レンズタイプ別金額構成比

@Press

トピックスRSS

ランキング