全く新しいオールインワンタイプのポータブルDJシステム『JD SOUND PDJ』好評発売中!

@Press / 2013年6月11日 9時30分

『PDJ』製品イメージ1
株式会社サンミューズ(代表取締役社長:三浦 傳、本社:神奈川県川崎市)は、韓国 JD SOUND社(代表:ハンス・キム、本社:韓国スウォン市、以下 JD SOUND)ポータブルDJシステム『JD SOUND PDJ』(以下 PDJ)の輸入販売代理店業務を3月より開始し、現在好評発売中です。
※『PDJ』は、株式会社ファウディオ(本社:宮城県仙台市、代表取締役:宮崎 晃一郎、以下 ファウディオ)が設計・開発。製品の保証・サポートは、ファウディオにより日本国内で提供されます。

URL: http://www.sunmuse.co.jp/pdj


『PDJ』は、幅25cm、重さは286g。缶ペンケースを少し引き伸ばしたくらいの、超コンパクトサイズです。この中に、DJプレイに必要な機能がギッシリ詰め込まれており、これ1台で本格的なDJプレイが楽しめます。


■『PDJ』誕生ストーリー
<『PDJ』は東日本大震災がなければ生まれていなかった!?>
現ファウディオの代表取締役である宮崎 晃一郎と、現JD SOUNDの代表 ハンス・キムは、2011年に発生した東日本大震災当時、ゲームや携帯電話などの音楽機器開発を手がける企業に勤務していました。その企業は震災の影響もあり、技術開発拠点である仙台事業所の撤退を決定。これを受け2人は、それまであたためていたアイデアをカタチにすることを模索し、2012年初頭、宮崎は仙台事業所の社員を引き継ぐかたちでの起業を決意。一方、ハンス・キムは韓国スウォン市での起業を決意しました。

<日韓コラボレーションの新しいビジネスモデル>
ファウディオは、これまで培ってきた様々な技術的ノウハウや音楽解析技術を駆使しながら、『PDJ』をはじめとする商品の開発に専念しています。『PDJ』は内蔵されているソフトウェアのアップデートにより、その機能をどんどん向上させることが出来るのが大きな特徴です。現在は、2012年冬の発表から1年を待たずして、2度目の大きなアップデートを目指し、鋭意開発中です。
一方、JD SOUNDは国策としてのベンチャー企業支援制度を受け、ワールドワイドな視点で『PDJ』のマーケティングを展開しています。現在UAE、シンガポール、ロシアなどで既に販売を開始し、順調に推移しています。宮崎とハンスは北米、ヨーロッパ、中南米での展開を視野に入れ、奔走しています。

日本の「ものづくり」精神と、韓国のベンチャー魂。互いの企業ロゴが表すとおり、ファウディオとJD SOUNDは国境を越えた熱い絆で結ばれています。(敬称略)

@Press

トピックスRSS

ランキング