工数管理・プロジェクト管理ツール『TimeTracker FX 3.6』を販売開始 ~Web APIを搭載し、システム間のデータが連携可能~

@Press / 2013年6月13日 15時0分

 株式会社デンソークリエイト(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:林 修吉)は、工数管理・プロジェクト管理ツール『TimeTracker FX 3.6』を2013年6月13日に販売開始しました。これと同時に、すべての機能が90日間利用可能な無料評価版の提供を開始します。
詳細: http://www.timetracker.jp/function/ttfx36.html


 今回リリースした『TimeTracker FX 3.6』では、既存システムとのデータ連携を支援する開発者向け機能「Web API」を搭載したことで、他システムとのデータ連携を、クライアントアプリケーションを介さずにサーバ上で実現可能となり、より柔軟な運用が実現できます。

 TimeTracker FXは、プロジェクト・工程・業務の可視化や改善のためのツールとして、トヨタ生産方式などの生産現場における作業時間計測と、「見える化」によって生産性を向上させる手法を参考に開発した製品です。一般的な「管理者が管理のために使用するツール」にとどまらず、みんなで使用することで業務の可視化などに効果を発揮し、改善活動を強力にサポートできる「現場のためのツール」です。誰でも簡単に使い続けられるドラッグ&ドロップ中心の操作性、入力したスケジュールや工数データをグラフなどにより「見える化」する機能、Excel帳票やMicrosoft Projectとの連携など、現場で実際に利用するユーザの使いやすさを重視しています。
 2004年の発売以来、大手製造業の設計・開発部門や設備設計などの生産技術部門、情報サービス業のソフトウェア開発やシステム開発部門、その他、人事・総務・経理などの事務部門、サポート・コンサルティングなどのサービス部門など、業界・業種・部署を問わず、40,000ユーザを超える導入実績があり、プロジェクト管理ツール分野としては、売上高・ライセンス数とも国産No.1(*)のパッケージソフトに成長しています。

* 株式会社富士キメラ総研 発行 ソフトウェアビジネス新市場2012年版調査に基づく

【TimeTracker FX 3.6 の特徴】
▼システム間データ連携を支援するWeb API
 Web APIを新規に搭載しました。このWeb APIを活用したプログラムをお客様が作成いただくことで、システム間のデータ連携が柔軟に実現できます。他システムからデータをTimeTracker FXに取り込む、反対にTimeTracker FXのデータを参照するといった運用が、クライアントアプリケーションを介さずにサーバ上で実現できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング