「フレッツ・エコめがね おまかせスタートパック(補助金対象)」の提供開始について

@Press / 2013年6月12日 15時30分

本パックに含まれる機器
 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)は、平成24年7月17日より提供している、家庭の電力見える化サービス「フレッツ・エコめがね」※1とECHONET Lite(エコーネットライト)規格※2に対応した機器等を組み合わせた「フレッツ・エコめがね おまかせスタートパック(補助金対象)」(以下、本パック)を平成25年6月13日(木)から提供開始いたします。
 なお、本パックは「平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業(HEMS※3導入事業)」の補助金対象機器に認定され、経済産業省のHEMS機器導入費用に応じた補助金の交付を受けることができます。

※1:「フレッツ・エコめがね」の詳細は、 http://flets-w.com/flets-ecomegane/ をご参照ください。

※2:経産省が推奨しているスマートハウス向け制御プロトコルです。本プロトコルを用いることにより、異なるメーカのHEMS対応家電の設定・操作・状態取得などのコントロールが可能となります。

※3:Home Energy Management Systemの略で、家庭におけるエネルギー管理を支援するシステムです。


1.背景・目的
 昨年度と比較し、今夏は、節電の定着により、電力需給状況は改善しているものの、無理のない範囲での節電は引き続き必要な状況です。
 これまで、NTT西日本は、家庭の電力を見える化することで一定の節電効果が得られると確認していることから、節電の定着に向けた取り組みとして、「フレッツ・エコめがね」を提供してまいりました。さらに家電ごとの電力の見える化や家電のON/OFF等をコントロールすることで、更なる節電効果を生み出すことができると想定し、これらの機能を有する本パックを提供することとしました。
 また、NTT西日本は、光サービスを活用して様々な生活スタイル、行動スタイルを「デザイン」し、新しい文化を創造する「スマート光ライフ構想」の実現を進めており、本パックの提供はこれを具現化するサービスの一つと考えております。


2.「フレッツ・エコめがね おまかせスタートパック(補助金対象)」の概要
(1)本パックで利用可能な機能
 本パックは、従来の「フレッツ・エコめがね」の機能に加え、PCやスマホ・タブレット端末等から家電ごとの電力見える化機能※4および家電制御機能※4が利用できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング