過去最大・国内最大級150台超えのキャンピングカーに約3万人が集結!7月6日より『東京キャンピングカーショー2013』東京ビッグサイトにて開催!

@Press / 2013年6月13日 10時0分

バーストナー社製「Nexxo(ネッソ)」
東京キャンピングカーショー2013実行委員会(所在地:東京都港区北青山2-7-24、委員長:阿部 幹)は、2013年7月6日(土)~7日(日)の2日間、東京ビッグサイト(所在地:東京都江東区)にて、過去最大・国内最大級の150台を超えるキャンピングカーが展示される『東京キャンピングカーショー2013』(URL: http://www.campingcarshow.com/ )を開催致します。「東京ビッグサイト」で開催されるものとしては、1年間で唯一のキャンピングカーショーとなります。※2012年は、137台・29,150名が来場。


■2012年の新車総出荷台数が過去最高を記録!大型・輸入車のキャンピングカーも人気!
アウトドア志向のファミリー層や、定年後世代のくるま旅人気など昨今のキャンピングカーブームに伴い、大型から軽自動車まで多種多様のキャンピングカーが続々と発表されてきております。また、ペット同伴可能な本キャンピングカーショーでは、毎回多くの方がペットを連れて来場されています。2012年のキャンピングカー新車総出荷台数は前年比18.9%増の4,536台で統計開始以来過去最高を記録。特にマイクロバスをベースにしたバスコン(約800万円~)などの大型車や輸入車も大変人気となっています(日本RV協会調べ)。今年の東京キャンピングカーショー2013では景気回復基調もあり、高級志向のキャンピングカーも多く出展されます。


■第一回アワード受賞者ペナルティのヒデさんが来場
6日(土)には第一回キャンピングカーアワードを受賞したペナルティのヒデさんが来場され、副賞で1年間貸与されたキャンピングカー(ナッツRV社製「クレア5.3X」)の使い心地やアウトドアライフの近況などをお話し頂きます。そのほかにもお子様向けにカブトムシやクワガタとふれ合えるコーナーやアウトドアクッキング教室など、充実の2日間となっております。


■昨年比120%を超える売上を記録する販売好調なメーカーも
アベノミクス効果なのか?昨年比で120%を超える売上を達成している好調なメーカーが東京キャンピングカーショー2013にも多く出展します。販売台数は昨年並みでも、販売車種のグレードがあがり、オプションを追加するなどで、従来多かった450万円~500万円代の販売価格帯が最近では600万円以上にあがり、販売単価の向上が売上高を押し上げているとのことです。一部では、来年の消費税増税をにらみ、今のうちに発注することで、納車(課税されるタイミング)を早めたいとの心理も働いているようです(事務局調べ)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング