~小学生未満の子どものスマホアプリ最新事情~ 子どもの6割がスマホを毎日利用 スマホアプリによる親子コミュニケーションは、夕食後がピーク!

@Press / 2013年6月12日 16時0分

株式会社タカラトミーエンタメディア(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:熊倉 和男)が、総合プロデュースしているスマートフォン向けエデュテイメントアプリ『FamilyApps(以下:ファミリーアップス)』では、2013年6月にスマートフォンもしくはタブレットを所有し、小学生未満(0~6歳)の子どもがいる20~45歳の父親・母親375名を対象にインターネット調査を行ないました。


<調査結果サマリ>
1.スマートフォンもしくはタブレット所有者の約4割の子どもが端末を利用している。
父親、母親をはじめ、家族で所有するスマートフォンやタブレットを子どもが利用している割合は43%。
利用端末としては、スマートフォン(23.7%)、タブレット(13.3%)、スマートフォン・タブレットいずれも(6%)、どちらも使わせていない(57%)。

2.スマートフォンもしくはタブレットを利用する子どものうち約6割が「毎日」もしくは「ほとんど毎日」アプリに触れている。
スマートフォンもしくはタブレットを利用している子どものうち、アプリの利用頻度が「毎日(週に7日)」(39.5%)、「ほとんど毎日(週に4~6日程度)」(21.6%)となっており、これらをあわせると約6割を占める。

3.子どもが利用している端末は、父親と母親が所有するスマートフォン、タブレットが中心。
スマートフォンの場合は、「父用」(41.9%)と「母用」(37.6%)、タブレットの場合は、「家族共用」(36%)が利用している端末の中心となっている。一方で、「スマートフォン(子ども用)」(19.5%)や「タブレット(子ども用)」(9.6%)という「子ども専用」端末の比重が高まりつつある。

4.子どもにアプリを使わせる理由の多くが「子どもが喜び、楽しそうだから」。
理由の多い順に「子どもが喜び、楽しそうだから」(66.1%)、「子どもにやりたいとせがまれるから」(44.3%)、「子どもの役に立つと思ったから」(42.1%)となっており、親が子どもの笑顔見たさや成長の助けになると考えて使わせている傾向がうかがえる。

5.親が子どもによく使わせるアプリは、「子ども用ゲームアプリ」。
「子ども用ゲームアプリ」(70.1%)を筆頭に、「知育アプリ」(52.8%)、「動画アプリ」(42.4%)、「大人が使うゲームアプリ」(41.9%)や「お絵かきアプリ」(35.2%)が多く使われている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング