インテル 最新のインテル搭載デバイスを体験できる6ヶ月間のグローバルツアーExperience Intel. Look Inside(TM)が東京で開幕

@Press / 2013年6月21日 16時30分

メインビジュアル
インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区丸の内3-1-1、代表取締役社長 吉田 和正)は、最新のインテル搭載デバイスを体験できるイベント「Experience Intel. Look Inside(TM)」を6月21日(金)より6月23日(日)の3日間、東京・丸の内のJPタワー商業施設「KITTE」(東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー)にて開催しています。Experience Intel. Look Inside(TM)は、6ヶ月間にわたり、世界の主要都市で順次展開するインテルのグローバルツアーで、東京はニューヨーク、シカゴに次ぐ開催地です。来場者は、本ツアー向けに開発された「マグネットデモ*」とよばれる体験型のアトラクションを通じ、タブレットとしても、またノートブックPCとしても利用が可能な2-in-1型Ultrabook(TM)など、最新のインテル搭載デバイスを体験できるほか、様々な分野で活躍するアーティストが、“Reinvention(再発明)=インテルが贈る最新かつユニークなテクノロジー体験”をテーマに表現したパフォーマンスやトークセッションを視聴できます。

インテルは開幕に先立ち、VERBALさん、椎名ひかりさん、松本愛さんをゲストに迎え、Experience Intel. Look Inside(TM)のオープニングセレモニーを開催しました。インテル株式会社 代表取締役社長 吉田 和正は、「今回のグローバルツアーは、2-in-1型Ultrabook(TM)をはじめとする最新のインテル搭載デバイスを、画期的なアトラクションデモを通じて体験してもらいたい、といった強い想いにより企画されました。本イベントを通して、インテルの入った製品の魅力を感じていただければ、大変うれしく思います」と述べています。オープニングセレモニーでは、Ultrabook(TM)上でデザインした羽根をモチーフとした画像を、デジタルの「羽根」の群れに変形させ、展示内のダイナミックな壁に投影できるマグネットデモ「グライダーズ」を、ゲストとともに体験し、4人が揃って羽根を飛ばすデモンストレーションを披露しました。

21日より開催しているExperience Intel. Look Inside(TM)では、体験型アトラクション、「マグネットデモ*」を通し、Ultrabook(TM)の特徴や機能を駆使した最先端でかつオリジナルなデジタル体験、アートやデータの視覚化、ゲームなどを楽しめます。また、音楽家/アーティストの渋谷慶一郎さんと日本を代表する写真家の蜷川実花さんによるトークセッションのほか、オープニングセレモニーにも参加したVERBALさんのDJ出演、Ultrabook(TM)のTV CMでお馴染のトラのパフォーマンスなども予定しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング