フォトシミリシリーズ 「3Dマルチアーム」を販売開始

@Press / 2013年6月25日 9時30分

3Dマルチアーム3000
株式会社アポロクリエイト(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:鳴海 千尋)は、3D/360度回転写真撮影システム「フォトシミリ」シリーズの商品ラインナップとして、「3Dマルチアーム2000」、「3Dマルチアーム3000」、「3Dマルチアーム4000」(以下、「3Dマルチアーム」)の日本での販売開始をお知らせ致します。

「3Dマルチアーム」は、旧来の3Dフォトアームと比較し撮影にかかる時間を大幅に短縮しており、さらにアニメーション統合専用ソフトウェア「TruView 3D」を自動連動させることにより、アニメーション作成にかかる時間も大幅に短縮したシステムです。

3Dマルチアーム3000
(カメラ、ノートPC、モニターは3Dマルチアーム3000のキットには含まれておりません。)
http://www.atpress.ne.jp/releases/36599/1_1.jpg


【販売の背景】
3D/360度回転写真撮影システム「フォトシミリ」は、2010年の販売開始以来、豊富な商品ラインナップにより小型商品の物撮りだけでなく、人物撮影にも多くの場面でご活用頂いてきました。
そして、360度アニメーションの利用場面が増えると同時に、水平方向からだけでなく上部や下部からの視点を与えた半球・全球アニメーションに対する需要も高まってまいりました。

これら半球・全球アニメーションの需要が高まっている大きな要因の一つにAR(Augmented Reality:拡張現実)の需要の高まりがあります。
※拡張現実とは、ITの技術を使ってさまざまな情報や映像を現実空間に重ね合わせ、可視化することにより、新しい価値、楽しさや便利さを提供する技術です。

VR(Virtual Reality:仮想現実)はコンピュータの中に現実の世界に良く似た「仮想空間」を構築するのに対し、ARでは現実空間にコンピュータ技術で映像などの情報を重ね合わせるところに特徴があります。
これらARのコンテンツは、これまではCG(Computer Graphics)で製作されることが多かったのですが、CGに代わり「フォトシミリ」をご利用頂く機会が急激に増加しております。それは、CGと比較して製作にかかる費用、時間の面からの導入ハードルが低いこと、実写データをもとにしているため細部に至るまで被写体の再現性に優れるというメリットによるものです。

このような背景の中、「フォトシミリ」シリーズでは半球・全球アニメーション作成には3Dフォトアームが利用されてきましたが、一方で、緻密な撮影が可能な反面、システムの構造上、どうしても撮影時間が長くなってしまうという問題がありました。そのため、昨年8月にリリースされたAKB48のトレーディングカードゲーム「AKB48 トレーディングカード ゲーム&コレクション」では、本マルチカメラシステムの一部と、フォトキャプチャ360L、フォトキャプチャ360XLを利用し、AKB48のメンバーを同時に5台のカメラで1回転画像を撮影しておりました。

AKB48 トレーディングカード ゲーム&コレクション:
http://akb48.arcard.jp/

この撮影では既存商品をカスタマイズすることで対応しておりましたが、それによって得られた知見を製品化したものが「3Dマルチアーム」です。カメラをあらかじめ5台設置しておくことにより、撮影とデータ取り込みにおける時間短縮を実現致しました。


【商品の特長】
「3Dマルチアーム」では、半球・全球アニメーション用データの撮影において、2点の重要な特徴を備えております。

1点目は、撮影時間の大幅な短縮です。
撮影時間の大幅短縮を可能にした背景には、マルチ(複数台)カメラの同時制御技術があります。これにより、旧来の3Dフォトアームでは、例えば5列の半球データ作成には360度回転を計5周させる必要があったところを、1周するだけで必要列数のデータ撮影が可能となりました。ターンテーブルが1周する間に5台のカメラがそれぞれの角度から同時に撮影を行います。

さらに作業を効率化させる技術として、「フォトシミリ」シリーズ付属ソフトウェアで5台カメラからのデータ取り込みが可能になったことがあります。撮影されたデータがPCにリアルタイムで送信され、ターンテーブルの回転、撮影、データ取り込み、出力まで一連のフローが全て付属ソフトウェアで制御可能となりました。

2点目は、「フォトベンチ」とあわせて利用することで背景処理にかかる時間が大幅に短縮される点です。旧来のライトボックスと異なり、駆動系の位置が中心から移動し、ターンテーブルがガラス化され、さらにLED照明を装備した「フォトベンチ」では背景処理にかかる時間が短縮されました。「3Dマルチアーム」は、その「フォトベンチ」と同時利用することで、さらに半球・全球アニメーション作成にかかる時間を短縮することが可能です。

さらに、「3Dマルチアーム」で搭載されたソフトウェアには、ワンボタンであらかじめ設定された値に基づきアニメーション化を自動で行う「ターンキー」機能、撮影された画像を確認しながら不要な個所を取り除く機能も実装されております。「フォトベンチ」シリーズで追加されたソフトウェアの新機能も踏襲しており、上級者用のプロファイル管理機能がご利用頂けます。切り取り枠、カット数、画像サイズ、出力形式などをプロファイルとして保存と呼び出しが可能になり、前述の機能とあわせて利用することで、さらなる効率的な撮影作業を実現します。新「TruView 3D」も標準装備され、拡大・縮小機能を備えたリッチコンテンツの生成が可能になっております。

半球・全球アニメーション撮影に最適な仕様であり、次世代標準機となるシステムとなっております。


【価格】
3Dマルチアーム2000:¥2,600,000(税別)
3Dマルチアーム3000:¥3,800,000(税別)
3Dマルチアーム4000:¥4,200,000(税別)

「3Dマルチアーム」の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.photosimile.jp/products/photoarm/ma3000.php


【販売開始時期】
7月中旬


【第5回 販促 EXPO】
「3Dマルチアーム」は販促 EXPOに出展されます。
日時   :2013年6月26日(水)、27日(木)、28日(金)
      10:00~18:00 ※28日のみ17:00まで
会場   :東京ビッグサイト
ブース番号:東ホール A18-33


【株式会社アポロクリエイト 会社概要】
社名  : 株式会社アポロクリエイト
所在地 : 〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-23-6-207
      TEL 044-948-7551
代表者 : 代表取締役 鳴海 千尋
設立  : 2003年3月
資本金 : 1,000万円
事業内容: 3D(360度立体)写真撮影システム(Ortery Photosimile)の販売
      各メーカーのトナー、インクの卸、小売販売
      リサイクルトナー、リサイクルインクの販売
      Web制作、SEOコンサルタント、営業コンサルタント
URL   : http://www.photosimile.jp


【お客様からの本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アポロクリエイト
TEL  : 044-948-7551
Eメール: support@photosimile.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング