ボッテガ・ヴェネタ メンズ2014年春夏コレクションを発表

@Press / 2013年6月26日 10時0分

写真1
ボッテガ・ヴェネタの2014年春夏メンズ・コレクションは、視覚的に相反する効果を追求したテーラリングに重点を置いたコレクションとなっています。フォルム全体を通じてバランスとプロポーションの可能性を突き詰め、クリーンで現代的、精緻なスタイルを実現しています。

テーラリングやシャツの生地に洗練された技術が施された新しいシルエットは、ショルダーラインが大きく落ち、袖がゆったりとしたボリューム感のあるトップスと、細身のパンツを合わせることにより強調されます。またフォルムだけでなくカラーも、相対するシルエットへのこだわりにアクセントを添えています。

カラーパレットは、上品なニュートラルカラーと鮮やかな色の両方が揃っています。ブラックや様々な色合いのグレー、ミルクホワイト、パピルスホワイトに、ディープオーバージン、アドミラルブルー、ミリタリーグリーンを合わせました。チェックやブロークンチェック、ウィンドウペインチェックといったパターンは絵画的ではっきりとしており、色の鮮やかさは多様です。

素材はコットンやギャバジン、ツイルなど、夏向けの軽くシンプルなものを揃え、さらにしなやかなスエードや光沢のあるカーフなど、レザー素材も取り入れました。表面が滑らかなものも質感に富んだものもあり、いずれも男性的な魅力を備えています。


また今シーズンは、ボッテガ・ヴェネタの伝統に深く根差したレザー素材で、設立当初よりブランドを代表する素材として愛用されてきたマドラス・スフマートを使ったバッグ“ブレラ”がメンズ・コレクションに加わりました。ブレラは機能性だけでなくシーンを選ばずに使える多用途性も考慮したダブルハンドルのバッグで、実用的なスペースが5つあります。レザーを緩く編んだシューズは風通しがよく、長細いフォルムが特徴的です。シューズはゴンドリエーレシューズまたはモロッコ風のスリッパの2つのスタイルがあり、レースアップやローファー、スリッポンが揃っています。リッチで深い色合いのモノカラーのほか、2色使いのものもあります。


クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「今回のコレクションは、コントラストが何よりのテーマとなっています」と述べています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

写真2 写真3 写真4

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング