日経BPコンサルティング調べ――「Webブランド調査2013-春夏」(2013年4月実施)より――総合ランキングで「楽天市場」が前回に続きトップ一般企業首位のサントリーをキリンビールが猛追

@Press / 2013年6月28日 11時0分

 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、インターネットユーザーが国内500のWebサイトを評価する、「Webブランド調査2013-春夏*」の結果をまとめ(表1 http://www.atpress.ne.jp/releases/36707/b_6.pdf )、2013年6月28日に調査結果報告書を発行・発売した。


■楽天市場が前回に続き第1位をキープ
■一般企業ランキングでは、3回連続第1位のサントリーにキリンビールが迫る


●サイト外への「送客力」アップで、楽天市場が首位をキープ
 Webサイトの支持・満足度をもとにサイトとしてのブランド力を評価する「Webブランド指数ランキング」(表1 http://www.atpress.ne.jp/releases/36707/b_6.pdf )の第1位は、121.6ポイントを獲得した「楽天市場」。前回(2012年10月実施)に続いてトップを維持した。第2位は前回第3位の「Yahoo! JAPAN」。第3位には前回第4位の「Google」がランクインした。

 今回首位となった「楽天市場」(図1 http://www.atpress.ne.jp/releases/36707/a_5.pdf )は、1年前の前々回(2012年4月実施)からスコアの上昇が続いている。今回は、サイト外での行動を測る「波及効果指数」が上昇した。他サイトや店舗での製品購入・サービス申込、クチコミの増加によるものである。一方、自サイト内での行動を測る「コンバージョン指数」が低下した。サイト外での消費行動が活発になったのは、評価が大きく上がった「楽天銀行」(表2 http://www.atpress.ne.jp/releases/36707/b_6.pdf )など、楽天グループサイトへの誘導や、物産展など実店舗への送客が成功しているとも考えられるが、購入段階での他のECサイトへの流出も懸念される。

 第2位の「Yahoo! JAPAN」(図2 http://www.atpress.ne.jp/releases/36707/a_5.pdf )は、前回から順位が上がったものの、1年半前の調査(2011年10月実施)からスコアの下降が続き、「楽天市場」との差がより広がった。Webサイトへの訪問頻度を示す「アクセス頻度指数」やリピート意向は第1位であり、「Yahoo! JAPAN」がもっとも多くの人に頻繁に訪問されるサイトであることに変わりはない。しかし、今回は、サイトの使い勝手を示す「サイト・ユーザビリティ指数」が大きく低下した。

@Press

トピックスRSS

ランキング